健康・お金・生活

意外と知らない遺品整理の作業ポイント

遺品整理の作業ポイント

「遺品整理」とは、単にモノを処分し、片づける作業ではありません。
故人の思いや、想い出を整理するためのものでもあります。今回は、遺品整理で失敗しないための注意点をお伝えします。

作業前に必ず打ち合わせを

 前回は、遺品整理を専門業者に依頼するにあたり、業者を選ぶ際のポイントをお伝えしました。
 今回は、実際の作業時における注意点をお話ししたいと思います。
 まず大切なのが、業者スタッフとの打ち合わせを事前に済ませておく、ということです。 具体的には、作業工程、かかる時間、作業員の数、車両による騒音の有無といった情報の確認です。事前に打ち合わせておけば、情報のすれ違いを防ぐことができますし、業者によっては、近隣住宅向けにお知らせを配布してもらえることもあります。
 特に、見積書に養生[ようじょう](家屋に傷や汚れがつかないようにするためのカバー)の有無が記載されていない場合は注意が必要です。賃貸物件なのに、作業後に壁に傷がついていた……といったトラブルを避けるためにも、作業の事前確認はしっかりと行いましょう。

依頼側も遺品整理できる

 業者にお願いしたからといって、依頼主が作業に一切関われない、ということはありません。
 故人の洋服や写真などの思い出の品々は、業者スタッフが作業中であっても、ゆっくりと形見分けをすることができます。
 金品や貴重品などが出てくる可能性がある場合、事前に確認しておくことはもちろんですが、作業スタッフへ周知しておくことも重要です。故人がご高齢の場合、たんすの中に預貯金があるケースは少なくありません。必要であれば、業者に作業をしてもらう前に仕分けを行っておくのも賢い選択のひとつです。

作業後の確認はしっかりと

 作業後は、依頼した通りの作業がきちんと終了したかどうかを、細かくチェックしましょう。
 マンションやアパートの場合は、遺品の搬出経路として使用したエレベーターや廊下などの共用部が汚れていないか、などもチェックします。特に、車両の置かれていた駐車スペースは要注意です。細かい木くずや破片が残っていることがありますので、そうした場合は作業スタッフへ速やかに相談し、きちんと清掃してもらえるよう掛け合いましょう。ほとんどの場合、そうした清掃はサービスとなり料金が発生することはありません。

遺品整理の後、必要なこと

 遺品整理は終わったものの、家をどうするか?という課題もあります。売るにしても貸すにしても、遠方にある家に何度も通い、業者を手配し……。考えただけでひと苦労です。遺品整理の業者には、リフォームや家屋解体、不動産売買などをコーディネートしてくれるところもあります。併せて確認しておくと良いでしょう。
 親族の家や部屋を片付けるということは、一生に何度もあるわけではありません。作業を業者に依頼するにあたり、満足できる形で整理を終え、また、後悔のないようにしたいものです。

株式会社ケアサービス

富澤政信さん富澤 政信(とみざわまさのぶ)
株式会社ケアサービス 常務取締役
経済産業省 「ライフエンディングステージ創出」委員

 

関連記事

  1. 日本版CCRCは シニアの理想郷となるか? 実現へ向けての課題②…
  2. こちら西新宿-税理士よろず相談奮闘記【58】
  3. ライフエンディングを考える㉙価値観の変化でさまざまな形式が登場 …
  4. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【60】
  5. 脳梗塞あとの在宅生活を助ける住環境の整備と福祉用具
  6. 100歳まで体が自由に動く「自分で治せる!腰痛解消メニュー」
  7. 【新連載】体への負担が少ない自然農法で野菜づくりにチャレンジ!①…
  8. 体中へ広がっていくお口の病気をご存じですか?全身の健康をおびやか…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 「笑い」がもたらすチカラ
  2. 健康レシピ
  3. ゴールデンライフ9月号
  4. 梅沢富美男さん
PAGE TOP