特集

いくつになっても旅を楽しみたい 大人のゆとり旅

大人のゆとり旅

日本人の国内旅行消費額は21兆円を超え、国内延べ旅行者数も6億4720万人と、右肩上がりで推移しています(※1)。
一方で、旅行に行きたくてもさまざまな不安から、あきらめてしまう人も少なくないようです。

旅行に行きたいけど不安ゆとり旅を望む人が急増

 内閣府が全国の60歳以上の男女6000人を対象に行った調査(※2)によると、「今後取り組みたい活動」として、約4割の人が「旅行」と答えたそうです。
 一方で、リタイア後にようやくできた自由な時間を使って旅行に出掛けたのに、「ツアーのスケジュールについていけなかった」「ゆっくりするために旅行に行ったのに、いろいろな所を巡って疲れた」など、旅行への悩みの声が編集部にも多く届きます。
 そこで今月は、ツアー参加者の約7割が50歳以上という大人の旅に定評のある旅行会社・クラブツーリズムに、これからの季節にお薦めの大人向けツアーを教えてもらいました。
 さあ、人生に彩りを添えてくれる発見の旅へ出発しましょう。

※1 観光庁「旅行・観光消費動向調査」の平成29年年間値(速報)、平成29年月期(速報)の結果より
※2 内閣府「平成26年度高齢者の日常生活に関する意識調査」より 

ゆっくりのんびり巡るクラブツーリズムのゆったり旅

利用者の志向や目的に合わせた、ゆとりある行程が特徴の「ゆったり旅」。一般的なツアーと何が違うのか?その魅力と人気の理由について紹介します。

ゆとりの時間と行程で旅への不安や悩みを解消

 ツアーごとに利用者へのアンケートを行い、新ツアーの企画などに活用するクラブツーリズム。
「観光地をもっとゆっくり見たかった」「ホテルでもう少しのんびり過ごしたかった」という声を受けて生まれたのが、同社が提供する「ゆったり旅」です。
 ゆったり旅のツアーは「長く歩きません」「ゆったり観光」「ゆったり滞在」という3つのポイントをもとに企画されています。
「長く歩きません」は、1日の平均歩行を2時間以内・2㎞程度と定め、体力に自信がない人も安心して参加できるよう配慮しています。「ゆったり観光」は、観光地での見学時間を同社通常コースの1.5倍以上に設定、ゆったりと観光を楽しめます。「ゆったり滞在」は、宿泊施設の滞在時間を17時間以上としています。
 これらのポイントは国内や海外ツアー、クルーズ、バスツアーにも取り入れられ、同社が提供する全旅行商品のうち「ゆったり旅」の関連商品が占める割合は、当初は1%程度だったものが、今では10%を超えるほどニーズが高まっているそうです。
 また、70歳以上の方が1人いれば参加できる「ゆったり旅70」は、同年代の参加者が多いため、通常のツアーでは他の参加者のペースについていけない方でも気軽に参加できるのが特徴です。夫婦や親子、兄弟での参加はもちろん、一人での参加も多く、ツアー参加者同士が仲良くなり、今度は一緒に別のツアーに参加することもあるそうです。

プロに聞いた!初夏にお薦め「ゆったり旅」3選

全社員が添乗業務を経験するという旅のプロ集団クラブツーリズムに、これからのシーズンにお薦めの「ゆったり旅」を教えてもらいました。

ゆったり旅❶ 温泉湯めぐりが楽しめる5つ星の宿に2連泊~ゆったり楽しむ上高地と安曇野・松本3日間


「5つ星の宿」に選ばれた「立山プリンスホテル」にのんびり2連泊。アルプスの自然に囲まれた露天風呂や大浴場など、温泉巡りも楽しめる。
日本を代表する景勝地・上高地や安曇野の自然をゆったり観光。趣味のカメラやスケッチなど、参加者が自由に行動できるのも魅力。こちらのツアーは1人39,900円から楽しめる。
【問】03-5998-2000(9:15~17:30 ※日曜・祝日13:00まで)

ゆったり旅❷ 北海道新幹線グランクラスで行く登別温泉5つ星の宿に泊まる~函館小樽ゆとりの休日3日間


行きは新幹線のファーストクラス「グランクラス」、帰りはグリーン車で移動をゆったり快適に。旅行中のバスでの移動も、通常より座席間にスペースを持たせた「ゆとりシートバス」を採用。
八幡坂や小樽運河をゆったり観光。
18名限定なので、通常ツアーでは利用できない函館の老舗レストランでの食事や、特別なホテルでの滞在も可能に。こちらのツアーは1人145,000円から楽しめる。
【問】03-5998-2222(9:15~17:30 ※日曜・祝日13:00まで)

ゆったり旅❸ 同世代のご夫婦でゆったり寛ぐ「悠久の島・壱岐」3日間


呼子のイカの活き造りや、壱岐牛、鮑の踊り焼き、生ウニ丼など、その土地ならではの旬の料理もズラリ(お一人様 約150g)。
1日目は佐賀県の唐津市に1泊。2日目に壱岐へと渡るゆとりの移動と、島内27時間滞在のゆったり観光が特徴。壱岐の歴史を学べる「一支国(いきこく)博物館」をたっぷり90分観光。
65歳以上のご夫婦限定のため参加者同士が安心して寛げる離島への旅。出発地の羽田空港への集合は正午ごろで出発時間もゆったり。こちらのツアーは1人60,000円から楽しめる。
【問】03-5998-1133(9:15~17:30 ※日曜・祝日13:00まで)

大人世代が望む旅は「お得な旅」よりも「上質な旅」

大人向け観光列車の旅がブームとなり、クルーズ旅行や豪華バスツアーなども人気です。そこには、お金よりも時間や体験に価値を見い出す消費者心理が働いているようです。

「ゆとりの旅」の代名詞豪華クルーズ旅行を気軽に


 2015年にクラブツーリズムが20代~60代の男女2060人を対象に行った「旅行に関する意識調査と実態調査」によると、年代が上がるほど、数多くの観光地を巡る「盛りだくさんの旅」より、自分の趣味や興味のあるものを「じっくり堪能できる旅」に関心が高まることがわかったそうです。さらに、40代以上の大人世代は20代・30代に比べて、旅に対する「お得感」への反応が低く、「上質な旅」を望む傾向が強いこともわかりました。
 クラブツーリズムでは、ゆとりと上質をテーマにした最上級ブランド「ロイヤル・グランステージ」を展開し、海外・国内・豪華バスツアーの旅を提供しています。厳選した宿泊施設と食事、荷物の宅配サービス(宿泊ツアーのみ)、経験豊富な添乗員による案内など、より上質なサービスが付きます。今年からはさらにゆとりある旅を楽しめる「ゆったり旅」を加えたプランを提供し、「上質な旅」を求める大人世代のニーズや、リピーターの期待に応えているそうです。「高額」「別世界」という印象が強いクルーズも、「ゆったり旅」に対応したさまざまな商品を展開。海外の大型客船が次々と日本発着を開始したことで、10万円を切る旅行代金でクルーズ旅行を楽しめるようになり、家族三世代や夫婦での利用が年々増えているといいます。船での旅は、宿泊しながら移動できるので荷物の出し入れが不要であることや、連泊しながらさまざまな場所に行けることも人気の理由だそうです。
 同社では、参加者全員がクラブツーリズムの旅行者でドレスコードの心配がいらない「チャータークルーズ」を提供し、クルーズ旅行を身近なものとして提案しています。

プロに聞いた!初めての人にもおススメクルーズ旅」&「豪華バス旅行」

チャータークルーズで気軽に楽しめる船旅と、豪華バス「ロイヤルクルーザー四季の華」で巡る日帰り旅を紹介します。この旅で、人生観が変わるかもしれません。

オススメ旅❶ クルーズの旅 美食の客船にっぽん丸にゆったり2連泊!四日市花火大会と伊豆諸島周遊チャータークルーズ3日間


食事に定評があるにっぽん丸は、本格フレンチや懐石風和食を楽しめ、テラスやプール、イベントを開催するホールなど施設も充実。
約4000発の花火が打ち上がる「四日市花火大会」を船上から観賞できる夢の旅。船内2日目にはクラブツーリズムオリジナル盆踊り大会も開催!(※花火大会は天候により中止になることもあります)こちらのツアーは1人115,000円から楽しめる。
【問】03-5323-5222・03-4335-6262(9:15~17:30 ※日曜・祝日休業)

オススメ旅❷ クラブツーリズム最上級バス ロイヤルクルーザー四季の華 サッパ舟から見る花菖蒲と「佐原」町屋レストラン「夢時庵」でフランス料理(日帰り)


広々とした化粧台付きトイレ、足を置けるレッグレストやヘッドピローなど、車内設備もゆったり。
明治時代の古民家を利用した「夢時庵(むーじゃん)」で 、地元食材のフレンチを堪能。
400品種150万本の花菖蒲が咲く「水郷佐原あやめパーク」を見学。こちらのツアーは1人21,000円から楽しめる。
【問】03-4335-6240(9:15〜17:30 ※日曜・祝日休業)

 

関連記事

  1. 知っておきたい介護保険のキホン いざというときに慌てない!知っておきたい介護保険制度のキホン
  2. 夏血栓にご注意 見逃すと命にかかわる!脱水による夏血栓にご注意!
  3. 「笑い」がもたらすチカラ 心も体もすこやかに花ひらく!「笑い」がもたらすチカラ
  4. 原因と対策がわかる「腰痛解消法」 もう悩まない!原因と対策がわかる腰痛解消法
  5. いつでも再チャレンジ!大人の学び いつでも再チャレンジ!大人の学び
  6. 自分を輝かせる生き方 年を重ね経験を積んだ今だからこそできる自分を輝かせる生き方
  7. 今すぐ実践!夏の脱水から体を守る
  8. 賢く活用!あなたの街の信用金庫 賢く活用!あなたの街の信用金庫
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 静岡県伊豆市修善寺
  2. デリッシュキッチン
  3. ゴールデンライフ10月号
  4. 風見しんごさん
PAGE TOP