特集

SFの世界が現実になる?!ロボットで健康寿命をのばす

介護や医療に革新をもたらし、私たちの身近な暮らしの中にも広がり始めているロボット。
これからの少子超高齢社会で、ロボットの持つ可能性に大きな期待が寄せられています。

健康・医療・介護に貢献!サービスロボットの広がり

「ロボット先進国」とよばれる日本。産業用ロボット市場で圧倒的シェアを誇ります。一方で注目されているのが、介護や防犯、清掃、配膳などの一般業務に携わるサービスロボットの普及です。2020年には1兆円を超す市場規模となり、産業用ロボット市場に並ぶといわれています(※)。
 2017年6月に閣議決定された国の新施策「未来投資戦略2017」では、人工知能(AI)やロボットなどの技術を産業や社会生活に取り入れ、「健康・医療・介護」を筆頭に、社会課題の解決を目指すことを掲げています。国が介護現場でのロボットの活用を主な取り組みとして、技術革新による健康寿命の延伸を最重要課題の1つにあげているのです。
 では、具体的にどのようなロボットが介護の現場や私たちの暮らしの中で活躍しているのか、今月はその最新技術を紹介します。

※経済産業省と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が2010年に発表した「ロボットの将来市場予測」より

大和ハウス工業が描く未来図 人とロボットの共存

2008年からロボット事業に取り組み、福祉分野を中心としたロボットを提供する大和ハウス工業。日本の未来を変えるかもしれないロボットが続々と誕生しています。

介護でのロボット活用約63%が利用に前向き

 総合住宅メーカーとして知られる大和ハウス工業がなぜロボット分野に力を入れるのか、ロボット事業推進室を立ち上げた田中一正さんは、「人の住まいと暮らしを守る企業として、高齢になってからも、たとえ障害を持ったとしても、住み慣れた自宅で心豊かに暮らすために、ロボットが役に立つと確信したからです」と言います。
 そのキッカケとなったのが、サイバーダイン社が開発したロボットスーツ「HAL ®」です。HAL® は、人が体を動かす時に脳から筋肉に送られる信号を読み取り、動作補助を行うロボット。同社ではこの取り扱いを最初に、現在は12種類のロボットの開発・販売を担っています。
 ロボット事業推進室・主任の岩隈彩さんは、「生産年齢人口が減るなかで、ロボットとの共存は必要不可欠です。ロボットに仕事を奪われるという不安や、ロボットに冷たい印象を持つ方も多いと思いますが、人の手で上手にロボットを活用し、共存共栄できれば」と話します。
 介護の現場でもロボットを導入するところが増えています。介護する側と介護される側は、ロボットの利用についてどのように感じているのでしょうか。総務省の調査「介護用ロボットの利用意向(※)」によると、介護する側も介護される側も、約63%の人が「利用したい」「利用を検討してもよい」と前向きな回答を示したそうです。それでは実際にロボットを活用する介護の現場では、どのような効果が生まれているのでしょうか?大和ハウス工業の3つのロボットを例に紹介します。

介護用ロボットの利用意向

(出典)総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成27年)

大和ハウス工業が提案する QOL向上ロボット

自立支援につながる「COGY(コ ギー)」。認知症の抑制が期待できるロボット「パロ」。介護者の負担を軽減するロボット「HAL®介護支援用」。現場での実績と反応を紹介します。

足こぎ車いす「COGY」

足こぎ車いす右足を出せば左足が出るという脊髄反射を利用し、片方の足がわずかでも動かせれば、両足でペダルをこいで進める足こぎ車いす。現在までに約6000台を販売し、半身まひや膝関節症などで歩行が困難な人の自立を支えています。活動範囲が広がることで、認知症やうつ病の解消に一定の効果が出た事例もあるそうです。
介護保険福祉用具の対象商品なので、個人での購入やレンタルも可能です。

アザラシ型ロボット「パロ」

アザラシ型ロボット「パロ」体の各所に触覚、光、音、温度に反応するセンサーを内蔵し、撫でたり声を掛けたりすると、鳴き声やまばたきなどで反応します。世界中に約5000台が普及し、アメリカでは医療機器としてFDA(食品医薬品局)の認定も受けているそうです。岡山市で認知症による在宅介護を受ける高齢者64人を対象に、パロの利用効果を調べた結果、約半年で認知症の周辺症状の抑制効果が見られるとともに、介護者の介護負担度も同時期より大きく改善したそうです。レンタルや法人向けリースにも対応し、ストレス緩和や非薬物療法としての効果も期待されています。
販売価格は388,800円~(税込) リース(法人向け)は
月額11,772円~(税込) レンタルは月額15,120円~(税込)

「HAL®介護支援用」

HAL®介護支援用装着した人の生体電位信号を読み取り、移乗などの介助動作をアシストして腰にかかる負担を軽減。高齢者施設などに700台以上導入され、長時間かがむ際に特に効果を実感するという声が多く、簡単に装着できる点やコンパクトさも評価されているそうです。「高齢者だけの世帯が増え続けるなかで、老々介護の問題に大きく貢献できるかもしれません。現在は病院や施設での利用のみですが、将来的には在宅介護での活用を目指します」と田中さんは言います。
販売価格(法人向け)は200万円(税込)
※初期導入費用と月額保守料が別途かかります。レンタル(法人向け)は、1台月額74,520円~(税込)※初期導入費用が別途かかります。

【問】ヒューマン・ケア事業推進部 ロボット事業推進室
フリーダイヤル 0120-934-576 (平日9:30~17:00)

暮らしの安心と健康を守る身近な最新ロボットの世界

大手百貨店にもロボット売り場が登場する今の時代。一般家庭にも広がり始めている「安全」や「癒し」を与えてくれる最新ロボットの数々を紹介します。

見守りロボット
日々の健康データを管理 シナモン ドーナッツロボティクス

シナモン自宅外からスマートフォンでの操作が可能。音と動きを感知してユーザーに通知する防犯・見守り機能、外部からの動画撮影と家電コントロール機能に加え、特定の血圧計で計測したデータを蓄積して管理でき、かかりつけ医との遠隔診療にも役立てられます。
●価格/通常:税込9万円前後(予定) ※月額使用料3,000円前後(予定)が別途かかります
●発売日/2018年夏ごろ

【問】公式サイトのフォームよりお問い合わせください
  https://www.donutrobotics.com/contact-us

遠隔視聴&音声通話可能 アボットライリー サンワサプライ

アボットライリー外出先からスマートフォンで操作できる、上下120度稼働カメラ搭載の移動型ロボット。登録すれば複数のデバイスから遠隔視聴でき、スピーカーとマイクを内蔵しているので双方向での通話も可能です。離れて暮らす家族や、外出先からの子どもやペットの見守り、動作感知機能と夜間撮影機能による防犯対策にもつながります。
●価格/税込29,800円(同社直販サイト「サンワダイレクト」対象)
●発売日/2017年6月
【問】サンワダイレクト TEL/086-223-5680(平日9:00~18:00)

癒しロボット
1歳児の言葉100語収録 こんにちは赤ちゃん トレンドマスター

こんにちは赤ちゃん加速度センサーと音声センサー内蔵のぬいぐるみロボット。実際の赤ちゃんの声を約100語収録し、抱っこしたり話しかけたりすると、センサーで感知して笑ったり返事したりします。反応を繰り返すことで1歳6カ月時の言葉も加わる成長機能付きで、ご高齢の方の孤立対策や認知症予防の話し相手としても期待され、高齢者施設での検証が現在進行しています。
●価格/税込8,640円(全国の百貨店玩具  売り場、通販、福祉用具販売店にて)
●発売日/2017年10月
【問】トレンドマスター TEL/044-422-1641

しっぽクッションロボット Qoobo(クーボ) ユカイ工学

しっぽクッションロボ撫で方によってしっぽを振って応えてくれるクッション型セラピーロボット。犬や猫の癒しに代わるロボットとしてしっぽに着目し、自然な動きを再現するプログラムを開発。動物を飼えない人にも最適です。
●価格/税込1万円前後(予定)
●発売日/2018年夏ごろ
【問】ユカイ工学 E-mail/contact@ux-xu.com

コミュニケーションロボット
AI搭載のカワイイ相棒 COZMO(コズモ) タカラトミー

COZMO人工知能を持ち、1,000種類以上の表情やしぐさで感情を表現する、アメリカで大人気の手のひらサイズロボットが日本上陸。専用アプリとの連動で、人の顔や自分が置かれた状況を認識し、笑いかけると笑顔を見せたり、名前を呼んできたりし、一緒に過ごすことでさまざまな楽しみを提供してくれます。
●価格/税込29,138円(全国の百貨店・量販店の玩具
 売り場、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」ほか)
●発売日/2017年9月
【問】タカラトミーお客様相談窓口 TEL/0570‐04‐1031
  ©2017 Anki,Inc. All rights reserved.

 

関連記事

  1. 持ち家を活用する資金調達術 どうする?リタイア後の生活資金
  2. 食の常識を変える!ユニバーサルデザインフード
  3. 認知症に負けない脳を作る「食の力」
  4. 「ありがとう」の言葉が 生きる活力に 年を重ね経験を積んだ今だからこそできる自分を輝かせる生き方 2
  5. シニア世代の強い味方!「配食サービス」
  6. 今すぐ始めたい!家庭でできる認知症予防
  7. 自分を輝かせる生き方 年を重ね経験を積んだ今だからこそできる自分を輝かせる生き方③
  8. 1年の締めくくりに実践したいモノと心の整理術
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 中村雅俊さん
  2. 健康レシピ
  3. ゴールデンライフ8月号
  4. 野球をオリンピックに呼び込んだ男
PAGE TOP