健康・お金・生活

誰かを支えている人=支えが必要な人 在宅介護を笑顔にするショートステイ

在宅介護を笑顔にするショートステイ

近年、老々介護の世帯が増えています。家族だけの在宅介護は孤独で、そのストレスは相当なものです。
もし笑顔を忘れそうになったときは、介護サービスのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

在宅介護を支える人にも支援は必要

 在宅介護をされている多くの方が、とても孤独です。そのストレスは相当なもので、日々「これ以上はもうできない」という思いで、どうにかお過ごしのようです。そういった支える側のご家族にも、支えが必要ではないでしょうか。
 介護が始まるきっかけは人によりさまざまですが、どこかが少し痛む、家の中で転倒した、外出先で体調を崩したという些細なことから「突然始まった」というご家族がほとんどではないでしょうか。
 介護保険制度が施行され、既に17年が経過しています。
 この間、介護サービスを提供する事業所数は増加の一途をたどり、また、利用できるサービスの種類も増加するなど、介護が必要な方の生活スタイルに合わせてさまざまな介護サービスから選択できるようになりました。
「家族だけで介護する」という選択は決して間違いではありませんが、それが義務感や罪悪感から派生したもので、だから介護サービスを利用しないというのであれば、ご本人やご家族のためにも社会保険方式による介護保険制度のご活用を一度、ご検討してみてはいかがでしょうか。
 介護サービスのひとつ「ショートステイ」は、ご家族の病気などが理由で一時的に介護ができないとき、またはご家族の精神・身体的な休息やリフレッシュのために、短期間入所して日常生活全般の介護が受けられるサービスです。
 現在、当事業所では「デイサービスのようなショートステイ」を目標とし、日々奮闘しております。
 笑顔の絶えない時間や空間のご提供を目標に、ご利用者本人はもちろんご家族も笑顔でご帰宅いただけることを第一に考えております。ご利用者本人から「また来るね」というお言葉をいただけるよう、皆さまと貴重なお時間を共有させていただいております。
 皆さまとお会いできる機会を、楽しみにお待ちしております。

高橋 優子さん高橋 優子(たかはしゆうこ)
㈱メディカル・デザイン
ショートステイ ル・レーヴ南浦和 センター長

 

関連記事

  1. 舌の汚れの正体は食べかすや細菌「全身の健康を守る舌のケア」
  2. 日本版CCRCは シニアの理想郷となるか? 実現へ向けての課題②…
  3. 香りの刺激で「飲み込む力」が改善
  4. ライフエンディングを考える親から子へ思いを引き継ぐ「生前整理のす…
  5. お口は健康の入り口「五」で整える食のケア
  6. 趣味が老後の時間を充実させる
  7. サクセスフル・エイジング 成功加齢のためのQ&A⑫サクセスフル・エイジングへの道…
  8. 知っていおきたいサードライフの住まい 「最新米国CCRC視察・研…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 中村雅俊さん
  2. 健康レシピ
  3. ゴールデンライフ8月号
  4. 野球をオリンピックに呼び込んだ男
PAGE TOP