健康・お金・生活

歯は見かけによらぬもの正しい口腔ケアは歯科検診から

口腔ケアは歯科検診から

私たちが歯を失う大きな原因は、虫歯と歯周病です。
正しい口腔ケアのためには、まずは歯科検診を、そしてしっかりとしたブラッシングで少しでも長く自分の歯で噛めるお口を保ちましょう。
口腔ケアは今からでも遅くありません!
 食事は日ごろの生活で欠くことのできない習慣ですし、いつまでも自分の歯で噛めることは大きな幸せです。
 しかし、悲しいことに加齢とともに歯は一本一本減る傾向にあります。これからの人生、いかに自分の歯と付き合っていくかは大きな問題となります。

口腔ケアの重要性

❶虫歯と歯周病の予防
 歯を失う大きな原因は、若い時は虫歯で、歳を重ねるにつれ歯周病が多くなってきます(図1)。
 今以上に歯を失わないためには、しっかりと口腔ケアを行い、少しでも長く自分の歯で噛めるお口を維持しましょう。今からでも遅くありません!

❷全身の病気予防
 近年、口の中の細菌がもたらす全身への悪影響が明らかになりつつあります。 口の中の細菌が肺に落ち込むことで起きる「誤嚥(ごえん)性肺炎」は、近年よく知られるようになってきています(図2)

 また、歯周病の歯で噛むことで、歯の周りの細菌が血管の中に押し出されて血液の流れにのって全身に回り、その結果、さまざまな病気の原因になることもわかってきました(図3)。
 つまり歯周病を治療すれば、これらの病気予防にもなるのです。

❸周術期口腔ケア
 がんの手術や臓器移植、心臓血管手術を行う前に口腔ケアを行うことで、術後の肺炎や癒ゆ合ごう不ふ全ぜん、感染はある程度抑制できることがわかっています。
 また、がん患者さんの化学療法や放射線療法と並行して口腔ケアを行うことで、口内炎を軽減できるともいわれています。
 さらに、ステロイドや骨吸収調整剤、抗てんかん薬などの使用にあたり、口腔ケアを行うことは治療による副作用を抑え、病気治療の手助けになります。

効果的な口腔ケアとは

❶最初は歯科受診
 〜歯は見かけによらぬもの〜
 歯周病菌が歯槽骨(しそうこつ)を溶かすことは知られていますが、歯周病が歯槽骨にどれくらい達しているのかは、レントゲン写真でないとわかりません。また、歯の表面の汚れが石灰化した歯石は、歯科医院で専用の機器を使って取り除く必要があります。
❷ブラッシングが基本
 全ての虫歯や歯周病は、口の中の細菌が引き起こしています。それらの一部が歯の周囲に付着して、プラークという塊を形成します。口腔ケアは、このプラークを落とす(ブラッシングする)ことが基本となります。
 歯ブラシのかたさは普通か、やわらかめ、大きさは自分の奥歯(臼歯)より少し大きいくらいが適当です。持ち方は、鉛筆を持つように軽く握り、歯と歯ぐきの境目に当てて細かく振動させて汚れを落とします。歯と歯の隙間にブラシの毛先を滑り込ませる要領です。歯磨きは毎食後に行いましょう。
❸専用の道具で楽ちんケア
「歯間ブラシ」は、歯と歯の間など歯ブラシの毛先が届きにくいところに使います。「フロス」は、歯と歯がしっかり接触している部分(歯間部)に使います。
 高齢になるにつれて「見えない」「うまく磨けない」「面倒くさい」と口腔ケアが億劫になるのも事実です。そこで最近は、優れた電動歯ブラシも出ていますので、ぜひ一度試されてはいかがでしょうか。

河野 梓さん河野 梓(かわのあずさ)
医療法人社団高輪会 歯科医師
医療法人社団高輪会(いりょうほうじんしゃだんたかなわかい)故深井眞樹(歯学博士)により昭和54年に日本歯科医療教育発祥の地、東京都港区は高輪に第一号の診療所を開院、昭和62年7月に医療法人社団高輪会設立。平成5年訪問部門を立ち上げ、日本で初めて組織的に歯科訪問診療を開始。訪問歯科診療のパイ
オニアとして、日々変化し続ける歯科医療現場において、最新の技術・知識を持てるよう教育に力を入れ、北海道から九州まで診療所を展開。理事長 相浦洲吉

 

関連記事

  1. 知っていおきたいサードライフの住まい 「最新米国CCRC視察・研…
  2. 残すより抜いたほうが良いときって?お口の健康を守る抜歯
  3. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  4. 口の衰えは要介護への危険信号 健康長寿のカギは「フレイル」予防⑩…
  5. 脳梗塞あとの在宅生活を助ける住環境の整備と福祉用具
  6. 歯磨きで体の健康を守る正しいケアで歯周病予防
  7. 百寿者に学ぶ「健康長寿」のヒケツ-自立して生きるための3つの魔法…
  8. 人手不足の介護業界、できることはあるのか?ご入居者の安心な 暮ら…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 年金暮らしの知恵
  2. サクセスフル・エイジング
  3. 芝田千絵のアートライフ
  4. ゴールデンライフ2018年5月号
PAGE TOP