健康・お金・生活

成功加齢のためのQ&A⑦サクセスフル・ エイジングへの道

サクセスフル・エイジングへの道

高齢医師(83歳)の立場から、シニアが元気で幸せに生きていくための心構えを、12回にわたってお伝えしていきます。
老化と仲良く上手に付き合いながら、一緒にサクセスフル・エイジングを実現させましょう。

老化速度の差は生活習慣

 日本は超高齢社会となりましたが、老化と仲良く上手に付き合いながら自分の持つ能力をフルに発揮すれば、いくつであっても「サクセスフル・エイジング」は可能です。
 サクセスフル・エイジングとは、1987年に米国の老年医学者ら(※)が提唱した言葉・考え方で「成功加齢」「幸せな老後」を意味します。これまで老化には遺伝が大きく関係しており、人ごとに起こり方が違うと考えられてきました。しかし近年、老年学の学際的研究が進み、老化の差には遺伝的因子よりも外的因子が大きく影響することがわかっています。外的因子で大切なことは、「適度な運動」と「食事を中心とする生活習慣」です。これらが老化と仲良く上手に付き合っていくための要となります。

(※)老年医学者のJohn W. Rowe, MDと社会心理学者のRobert L. Kahn, PhD

飲み込み力を鍛える

 生活習慣の1つに「食事」があります。食事の際に気を付けたいのが、飲食物が誤って気管に入ってしまう「誤嚥(ごえん)」です。
 日本人の死因第3位は「肺炎」で、その原因の多くが「誤嚥」によるものといわれています。
 誤嚥を防ぐには、年とともに衰えていく飲み込み力( 嚥下力(えんげりょく))を鍛えることです。そこで、嚥下体操を紹介します。

嚥下体操

 ❶姿勢を整えて座ります。
 ❷深呼吸で緊張した肩や首の筋肉をリラックスさせます。
 ❸息を吸いながら肩を引き上げます。次に息を吐きながらスッと力を抜くように肩を下げます。
 ❹口の中に空気をため、ほほを内側から膨らませたり、反対にすぼめたりします。
 ❺大きく唇を動かして、パ・ラ・ダ・カ・マ行を繰り返して発音します。
 ❻舌を思い切りつき出したり、上や下に思い切り伸ばしたりします。
 ❼咳ばらいも誤嚥した際のむせる練習になります。ただし、やり過ぎるとのどを傷めることもあるので2回~3回程度にしましょう。

誤嚥予防

覚えておきたい救急処置

覚えておきたい救急処置 飲食物を飲み込んだ際、老化による咽頭(いんとう)などの麻痺(まひ)や萎縮(いしゅく)などさまざまなことが要因となり、飲食物の一部が気管に流れ込んでしまうことを「誤嚥」といいます。
 高齢になると嚥下(えんげ) 機能が衰えることでむせたり、口の中が乾燥しやすかったりで、飲み込む力も低下してきます。食事1回につき飲み込む動作は数十回以上、1日3度の食事で誤嚥の危険性は高まります。
 高齢者や小さな子どもは、比較的大きな食べ物を誤ってのどに引っかけてしまうことがあります。特に年末年始は、粘着度の高いお餅に気を付けたいところです。
 気道をふさぐような大きな食べ物をのどに詰まらせたときは、早急に対処しなければ呼吸不全や心停止を起こすこともあるため機敏な救急対応が必要です。そのようなときの救急処置を紹介しますので、ぜひ覚えておいてください。
 咳き込んでいるときは、咳を続けさせます。
 意識がないときや救急処置がうまくいかないときは、時期を失せずただちに救急車を呼ぶことが大切です。

●ハイムリッヒ法(腹部突き上げ法)

ハイムリッヒ法(腹部突き上げ法) ①立位で背後から両腕を回して抱えるように、
 ②片手で握りこぶしを作り、みぞおちの下に当て、
 ③そのこぶしをもう一方の手で握り、
 ④上方にむけて圧迫するように素早く突き上げます。
みぞおちを締め上げると、肺から息が漏れ出ようとする勢いで詰まった食べ物が口の中に押し出されるイメージです。ただし本法は妊婦や乳児には行ってはいけません。

●背部叩打法(はいぶこうだほう)

背部叩打法 ①頭を胸より低い位置にし、
 ②肩甲骨の中央を後ろから何度もたたきます。
このとき背後に回るのではなく前方から体を支えて、口から詰まった食べ物が出てきていないか確認しながら行います。
 

知っておきたい高齢者のフレイル

 

関連記事

  1. 残すより抜いたほうが良いときって?お口の健康を守る抜歯
  2. 症状が現れた時には赤信号!放っておくと恐ろしい糖尿病
  3. 100歳まで体が自由に動く 自分で治せる!腰痛解消メニュー【10…
  4. 老人ホームへの入居相談 入居を決める前の情報収集は入念に老人ホームへの入居相談
  5. 金具のない自然な部分入れ歯 ノンクラスプ義歯
  6. 【最終回】最期まで親しい人と共に生きられる理想郷 日本版CCRC…
  7. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【67】大相続税時代…
  8. ご利用者に寄り添えるケアマネジャーをめざして
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 若若&噛む噛む健康レシピ
  2. 相続対策に重要な3つのキーワードとは
  3. リハビリに大切なもの
  4. 在宅介護を笑顔にするショートステイ
PAGE TOP