健康・お金・生活

入居を決める前の情報収集は入念に老人ホームへの入居相談

老人ホームへの入居相談

介護施設といっても多種多様にあります。入居前に下調べが大切なことはもちろん、可能であれば介護関係の仕事をしている知人に話が聞けると、生の情報に接することができると思います。

入居後、施設の対応に不安

 私が、福祉用具の貸与など在宅介護を支援する事業をはじめてから10年ほどが経ちます。
 数年前まで在宅介護で生活されていたお客さまで、現在は介護施設に入所されている方のご家族から、先日、久しぶりにご連絡をいただきました。
 認知症が進み、在宅での介護が難しくなったことで施設へ入居されたのですが、「今の施設の対応に不安があるので、他の施設に移りたいのです。どうすればいいでしょうか」というご相談でした。
 在宅で介護サービスを受けていた時は、担当ケアマネジャーに何でも相談することができ、いろいろな種類がある施設のそれぞれの特徴や、施設の空き状況まで調べてくれていたと言います。しかし施設に入居すると、担当のケアマネジャーはその施設のスタッフが担当することになりますから、このような相談はしにくかったようです。

事前に施設の特徴を調べてから決める

 介護施設といっても多種多様にあります。公的施設もあれば民間が運営している施設もあり、一般の方がそれぞれの施設の特徴や、メリット・デメリットを理解するのは簡単ではありません。
 施設によって提供可能なサービスとできないサービスがあること、対応する職員の量や質についてもできれば事前に知っておきたいところですが、現実はなかなかそうはいきません。
 終の住処と思っていたのに、介護度が進んだとたん「退去して欲しい」と言われては困りますし、今回の相談のように、職員の対応に不安が生じるのも問題です。
 勢いで施設を決めてしまうと、定員に空きがあり、すぐに入居可能なところに目がいきがちですが、決める前には施設の口コミ情報も含め、ある程度はその施設の特徴を知った上で、必ず見学をしてから入居を決めたいものです。

多種多様にある介護施設

 在宅での生活や介護が難しくなった場合に利用できる公的な入所(入居)施設としては、
 ●特別養護老人ホーム(最近は地 域密着型の小規模特別養護老人ホームもあります)
 ●介護老人保健施設
 ●ケアハウス
 などが代表的です。
 民間型施設としては
 ●介護付有料老人ホーム
 ●住宅型有料老人ホーム
 ●グループホーム
 ●小規模多機能型居宅介護(施設と居宅の中間的な位置づけ)
 などがあります。
 費用は、公的な施設の方が全体的に少なくてすむ場合が多く、その分、待機者も多くいてすぐの入居は難しいと思います。
 最近は、民間が運営する施設もサービス向上に努め色々と工夫しています。公的施設並みの利用料のところも登場しています。 
 インターネット上には老人ホームが検索できるサイトがたくさんありますので、ある程度の情報収集は可能です。もちろん電話での問い合わせも可能ですから、その際の受け答えなどで施設の対応を参考にされてもいいと思います。

生の情報は信頼できる介護関係の知人から

ケアマネジャーさんの話を参考に 老人ホームの入居相談が可能な公的窓口としては、
 ●各市区町村の福祉課や介護課
 ●地域包括支援センター
 ●地域の福祉事務所
 などがあります。
 しかし、いずれも公務員の立場で相談を受けますから、選択肢の提示はあっても「あなたの場合はここがいいですよ」とは言ってくれません。
 可能であれば介護関係のお仕事をしている知人に意見が聞ければ、生の情報に接することができると思います。特に経験豊富なケアマネジャーさんの話は参考になるでしょう。

斉藤豊男さん斎藤 豊男(さいとうとよお)
株式会社けんこうぷらん 代表取締役
福祉用具専門相談員 
福祉住環境コーディネーター

 

関連記事

  1. 利用することで生活が安全かつ容易に やはり頼りになる介護用ベッド…
  2. いきいきビクスでヘルシーエイジング ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  3. 残すより抜いたほうが良いときって?お口の健康を守る抜歯
  4. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  5. リハビリに大切なもの 効果がある人とない人の違いとは?リハビリに大切なもの
  6. 重度の認知症でも夫婦一緒に暮らしたい 在宅生活を支援するショート…
  7. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【74】知らないと損…
  8. 認知症の方が自分らしく生活するグループホーム 認知症の方が自分らしく生活するグループホーム
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 健康レシピ
  2. 心と心をつなぐおやつ
  3. 野球をオリンピックに呼び込んだ男
PAGE TOP