健康・お金・生活

成功加齢のためのQ&A⑤サクセスフル・ エイジングへの道

高齢医師(83歳)の立場から、シニアが元気で幸せに生きていくための心構えを、12回にわたってお伝えしていきます。
老化と仲良く上手に付き合いながら、一緒にサクセスフル・エイジングを実現させましょう。

老化は闘う相手ではない

 日本は超高齢社会となり、高齢の方からは「老後の準備をしてこなかった」「今後どのように過ごせばよいか」などの言葉をよく聞きます。これからのシニアは、いろいろな問題や悩みをかかえて生きていくことになりますが、問題解決のためには、自分自身が何とかして一歩でも前へ踏み出すことが大切です。アンチエイジング(抗加齢)に惹かれる人も多いのですが、老化をアンチと捉えて闘う必要はありません。老化と仲良く上手に付き合いながら、自分の持つ能力をフルに発揮すれば、いくつであっても「サクセスフル・エイジング」は可能なのです。
 サクセスフル・エイジングとは、1987年に米国の老年医学者ら(※)により提唱された言葉・考え方で、「成功加齢」「幸せな老後」を表します。その内容は、高齢者の老化の差は「遺伝的因子」よりも「外的因子」に影響される、つまり食事や運動、睡眠などの生活習慣を改善すれば、サクセスフル・エイジングは達成できる、というものでした。

(※)老年医学者のJohn W. Rowe, MDと社会心理学者のRobert L. Kahn, PhD

いかに健康寿命を伸ばすか

 世界保健機関( W H O ) の2016年版の統計によると、日本人の平均寿命は女性が86・8歳で世界一、男性が80・5歳で世界6位でした。一方で、介護を必要とせず自立した生活ができる期間「健康寿命」は、男性が71・19歳、女性が74・21歳で、平均寿命との開きは男性で9・31歳、女性で12・59歳もあります。つまりその期間は、何らかの病気や介護で支援を受けている状態にあるといえます。
 それでは、健康寿命を伸ばすには、一体どうすれば良いのでしょうか。今月は、百寿者にみられる医学的な特徴から、健康長寿の秘訣をみていきたいと思います。

「老年的超越」という豊かで幸せな時間を生きる百寿者


 9月に厚生労働省が発表した日本人の人口推移では、100歳以上の人は過去最多の6万7824人となり、昨年同月より3132人多く、47年連続で増加しています。
 百寿者の男女比は1対7と女性が圧倒的に多く、20%近くの人は自立していることがわかっています。
 長寿と遺伝の関係は、現時点では遺伝により長生きしやすい家系、短命になりやすい家系とありますが、長寿の要因は遺伝子だけで決まるのではなさそうです。
 世界の長寿地域で行われている食事の研究結果からは、魚に含まれる脂分である「EPA」や「DHA」を多く摂取すると、「慢性炎症」を予防する効果があり、これが長寿に貢献しているのではないかとみられています。
「炎症」とは、体に異変が起きたときに免疫系が自らを守ろうとする重要な働きですが、何らかの原因で免疫系が過剰に働き、炎症が慢性化すると、体内にさまざまな不調をきたすようになります。
 慢性炎症を抑えるには、継続的なストレス、運動不足、糖質や加工食品の取り過ぎ、睡眠不足などを避けると良いとされています。
 そして興味深いことに、「生きがいに結びつく満足感」もまた、慢性炎症を抑えることに深く関係していることがわかっています。
 百寿者の多くは「老年的超越」とよばれる独特の心境に達しており、一見して身体機能が衰えて寂しく過ごしているように見えても、実は今の暮らしを肯定的に捉えており、豊かで幸せな時間を生きていることが明らかになっているのです。
 老年的超越がどのように起こるのかはまだ定かではありませんが、糖尿病などを抑制する「アディポネクチン」という、ホルモンに似た働きをする物質の関与が示唆されています。
 確かに糖尿病の罹患率については、高齢者平均の15%に対し、百寿者では6%と少なくなっています。
 他にも、栄養状態の良い百寿者では貧血傾向の割合が低い、風邪などの感染症にかかっておらず、体内に炎症反応が少ない、認知機能が高いことがわかっています。
 さらに運動量の多い百寿者では、毛細血管の血流が優れた状態に保たれていることも確認されており、これが生活習慣病などを予防する一因になっていると考えられます。
 こうしてみてくると、生活習慣の良し悪しが健康寿命に大きな影響を与えていることは間違いありません。

知っておきたい高齢者のフレイル

 

関連記事

  1. インフルエンザ対策は口腔ケアから
  2. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  3. 体への負担が少ない自然農法で野菜作りにチャレンジ!③そら豆編
  4. 脱水が引き起こす「怖い病気」
  5. 健康長寿のカギは「フレイル」予防④
  6. 【最終回】体への負担が少ない自然農法で野菜づくりにチャレンジ!⑤…
  7. 100歳まで体が自由に動く 自分で治せる!腰痛解消メニュー【11…
  8. 【新連載】ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエ…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 2018年1月号ゴールデンライフ
  2. 若 若 & 噛 む 噛 む
  3. photoスケッチ50
PAGE TOP