健康・お金・生活

ご入居者の望む生活を実現するために支援のカギは観察力

当施設へのご入居相談は十人十色、さまざまなご要望が皆さまから届きます。
ご入居者やご家族が望まれている生活の実現に向けて、私たち職員が日々心掛けていることをお話ししたいと思います。

最低限の生活の先にご入居者の望む生活がある

「近所にいたお友だちがいなくなり、楽しみがなくなった」「一人での生活が心配」「退院しても体調管理できるか不安」など、ご入居を検討されるきっかけはさまざまあり、皆さまそれぞれです。 
 いざ入居が決まりますと、まずはご本人やご家族に「どのように生活なさりたいか」を伺います。
「自分のことはできる限り自分でしたい」「楽しみのある生活をおくりたい」「転倒に気を付けて安全に過ごしてほしい」など、当たり前ではありますが、ご要望もまたそれぞれです。
 人は誰しも「○○したい」や「私は□□でありたい」といった希望の生活があり、また、それを選択する自由があります。
 私たち介護に携わる職員の使命は、ご入居者一人ひとりの生活を支えていく上で、ご入居者の方が望むような生活が実現できるよう支援していくことだと思います。

 しかし施設生活においては、食事や集団でのレクリエーションなど決まった時間に行われる日課が多く、どうしても単一化した生活になりやすい傾向にあります。それはすなわち、介護を行う職員側も、単一化した作業になりやすいということです。
 入居後、ご入居者やご家族に施設での生活についてお話を伺いますと、「これといって不便はありません」というお答えが多く聞かれます。しかし、果たして本当にそうでしょうか?ご遠慮があって言えないのかもしれませんし、日常生活には不便がなくても、望む生活とは違っているかもしれません。
「施設の時間割に合わせて「衣食住」を行うことが、私の望む生活です」とお答えになる方は、まずいらっしゃらないでしょう。「衣食住」が提供されるのは介護施設としては当然のことです。当然として行うことは、最低限の生活を保証することでしかありません。当然のことをご提供するその先に、ご入居者の望む生活があるのではないでしょうか。また、ご入居者の想いを受け止め、ご入居者が望まれる生活を実現していく必要があると思います。

 私たちはそのために、次のようなことに心掛けています。

❶ご入居者一人ひとりの日々の 生活のご様子を、よく観るようにしています。

 例えば「今までご自身でできていたことが、できなくなった」「生活意欲の低下がみられ、お部屋で休まれることが多くなった」など、お体や精神状態の変化に気付くことで、必要な援助を行ったり、状態の改善に努める支援を行ったりすることができます。

❷ご入居者との信頼関係の構築に努めています。

 ご入居者やご家族との信頼関係を築くことで、職員や施設に本当の想いを伝えやすい、話しやすい環境を作ることができると思います。たとえ生活に不便はなくても、望む生活はお一人ひとり違います。望まれる生活を実現するために、職員や施設が真剣に取り組むことが、お互いの信頼関係を築くことに繋がり、ご入居者のより良い生活へと繋がっていくと思います。

❸職員のスキルアップに努めています。

 スキルアップと言っても介護サービスの仕事には、介護や医療、介護保険制度など幅広い分野の勉強が必要になります。それは知識として学ぶだけではなく、経験により培われるものであったりすると思います。なかでも特に重要と思われるものが「職員の観察力の向上」です。それには①のように、日々の生活の観察が欠かせません。体調の変化にいち早く気付くことができれば、病気の予防や早期治療ができ、身体機能の低下も防ぐことができます。また、ご入居者が抱えている想いなどに気付くことができるかもしれません。
     * * *
 ハートフルケア阿賀野は、国道49号線から少し離れており、静かで緑豊かな立地です。当施設がある新潟県阿賀野市保田は、古くから瓦の町として有名で、その「安田瓦」を堀の材料に使い、地域の文化に調和した外観になっています。自然豊かな環境にあり、四季折々違った表情の五頭連峰の姿がのぞめます。
 施設内では「食事」「排せつ」「入浴」など、お一人ひとりの状態に合わせたお世話はもちろんのこと、日々の健康管理をはじめ、通信カラオケ機器を活用した「エルダーシステム」での機能訓練、カラオケやトランプゲームなどの余暇活動の支援にも力を入れております。
また、季節に合わせてのドライブや、近隣保育園の園児による交流活動など、施設行事の充実にも取り組んでおります。
 ご入居者とご家族の皆さまが望まれる生活が実現できますよう、職員一同、より良い生活がおくれる施設を目指しております。
 施設の正面玄関には、ハートフルケア阿賀野のマスコット「風太郎」が、皆さまをお出迎えしております。施設近くへお出掛けの際には、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。

伊藤克利さん伊藤 克利(いとうかつとし)
㈱東日本福祉経営サービス サービス付き高齢者向け住宅 ハートフルケア阿賀野
計画作成担当

 

関連記事

  1. かみ合わせの悪さが寝たきりを招く かむ力は生きる力
  2. 脳梗塞あとの在宅生活を助ける住環境の整備と福祉用具
  3. ライフエンディングを考える在宅での介護から看取りまで小規模多機能…
  4. 相続対策に重要な3つのキーワードとは こちら西新宿 税理士よろず相談奮闘記【77】相続対策に重要な3つ…
  5. 施設での取り組みと工夫 その人らしく生きがいのある生活を施設での取り組みと工夫
  6. ドライマウス 単なる乾燥じゃない?!お口の老化ドライマウス
  7. 【最終回】最期まで親しい人と共に生きられる理想郷 日本版CCRC…
  8. 住宅取得資金の贈与 こちら西新宿 税理士よろず相談奮闘記【79】相続税対策として注目…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 健康レシピ
  2. 心と心をつなぐおやつ
  3. 野球をオリンピックに呼び込んだ男
PAGE TOP