コラム

【最終回】水前寺清子の人生いつからでも花ひらく

⑥終わりがあるから始まりがある

「定年退職した」「子育てが一段落した」。時間に余裕ができ、何か趣味でも始めようと思い立つ。しかし何をすれば良いかわからない。
私自身、押し花やニットソーイングを趣味で楽しむようになったのは、「やりたい」ことがあったわけではなく、出合った時に「これ良いな」と感じたものを始めた結果です。始まりは、それぐらいの軽い気持ちで良いのだと思います。その昔、最新の一眼レフカメラが発売された際も、いわゆる衝動買いをして、カメラの魅力にのめり込みました。
 まずは始めてみる。そしてやるからには自分が納得するところまで突き詰めてみる。
 今は押し花やニットソーイングから遠ざかりましたが、それで良いと思っています。何ごとにも終わりがあって始まりがあるのです。
またすぐに、新しい趣味との出合いがあるはずです。

水前寺清子さん水前寺清子(すいぜんじきよこ)
1945年熊本県熊本市出身。
1964年「涙を抱いた渡り鳥」で歌手デビュー。代表曲「三百六十五歩のマーチ」など大ヒットを放つ。現在はBSフジの情報番組「水前寺清子情報館」の総合司会を務めるなど、マルチに活躍中。

水前寺清子情報館

 

関連記事

  1. 人情で生かされた私の半生【5】
  2. 元新聞記者が会った昭和の偉人たち 「東洋の魔女」の応援団長・淡島…
  3. 【新連載】モノとこころの整理術 老いへの「ケジメ」
  4. 今だからこそわかること、できることがある「老いには夢がある」【5…
  5. 【新連載】芝田千絵のアートライフ vol.1
  6. 芝田千絵のアートライフ Vol.5
  7. 「幸せな 人生」に必要な たった1つの言葉(メ ッセージ)⑦
  8. 人情で生かされた私の半生【6】
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 2018年1月号ゴールデンライフ
  2. 若 若 & 噛 む 噛 む
  3. photoスケッチ50
PAGE TOP