健康・お金・生活

重度の認知症でも夫婦一緒に暮らしたい 在宅生活を支援するショートステイ

「ショートステイ」は、在宅介護を支える介護保険サービスの1つです。
どんな方がどんなときに利用されるのか。当施設をご利用くださったご夫妻のお話を通してお伝えしたいと思います。

在宅生活を支援するショートステイ

 本誌3月号で『在宅生活を続けるためのショートステイ』というお話をしました。
 ショートステイとはどのような目的でご利用されることが多いのか、また、介護が必要となってもショートステイを利用することで、「住み慣れた家」での生活が続けられることなども紹介しました。
 今月は、私が勤務する「ショートステイ松明」をご利用くださったご家族のお話を通して、ショートステイが在宅生活にどのように必要とされているのかをお伝えしたいと思います。

2泊3日でご利用されるご夫婦

81_seikatu02-1 奥さまと二人暮らしをされている認知症重度の男性は、毎週2泊3日でショートステイをご利用くださいます。
 お食事は目の前に配膳すればご自分で召し上がることはできますが、排せつや入浴、着替えもお一人では難しく、会話もあまりかみ合うことのない方です。
 しかし、奥さまのお名前を常にお呼びになったり「あんないい奥さんはいないんだよ」「うちの女房は最高なんだ」とお話されていたりします。
 奥さまもショートステイの送り迎えの際には「うちのお父さんをよろしくお願いしますね」と、丁寧におっしゃってくださいます。
「ご主人が奥さまのことを、最高な女房だと私たちに教えてくれましたよ」とお伝えすると、「まあ!そんなうれしいことを言ってくれるの。お父さん、ありがとうね」と、お二人が揃った時は、いつもお二人共ニコニコとされていて、とてもうらやましくなるようなご夫婦です。

重度の認知症でも一緒に過ごしたい

81_seikatu02-2 このご夫婦がショートステイのご利用を始めたのは、ご主人の認知症が進行し、奥さまの介護負担がかなり重くなったことが理由でした。体の大きなご主人を奥さまお一人で24時間介護することが難しくなってしまったのです。「このままでは母が先に倒れてしまう」と息子さんからの助言を受けて、在宅介護を支えるサービスの一つとして、ショートステイがケアプラン(介護サービス計画書)に組み込まれました。
 私としては正直なところ在宅介護を続けるのは難しいのでは、と感じることの多い方でしたが、奥さまは「1週間のうち自分のために使える時間が一日あるだけでありがたいんです。でも、お父さんがいないと寂しいから、○曜日には帰って来てもらって一緒に○○のテレビ番組を見たいんです。ずーと二人で見てきたから」と。つまり2泊3日のうち、中日の24時間が自由になるだけでありがたい。そうおっしゃるのです。
 そのお話を伺った時、どのような状態のご主人でも最後まで自分が面倒をみたい、だから自分が先に倒れるわけにはいかない。ショートステイを利用しようとお決めになった葛藤が見えたように感じました。
 ご主人は認知症からくる周辺症状というものにより、調子の良い日と悪い日があり、私たちは看護師を中心として主治医の先生と連絡を取り合いながら、ご自宅での生活が継続できるようお手伝いさせていただきました。

介護する家族も支えるショートステイ

81_seikatu02-3 月日が経ち、ご主人が特別養護老人ホームに入所される日が決まりました。私たちの施設をご利用される最後の日に、奥さまからこんなお言葉をいただきました。
「今日まで本当にお世話になりました。お父さんは明日、私のもとを離れて終の棲家へ移ります。もっと早くに移るべきだったのかもしれません。けれど職員さんたちに助けてもらって、大変なことはあってもここまで一緒に暮らせて幸せでした。お父さんがいなければ、皆さんとお会いすることもなかった。お父さんのおかげで、こんなにたくさんの人たちに助けてもらうことができました。介護してもらっていたのはお父さんだけれど、私の方が何倍も助けられたんです。それを、ぜひ皆さんに伝えてください。皆さんに会えて幸せでした。」
 介護の仕事を続けるなかで、お礼の言葉をいただくことは時折ありますが、これまでの経験の中でも1、2を争うほど感動した言葉でした。ご夫妻お二人で過ごす最後の時を、最高のひと時として私たちがお手伝いできたと感じ、とても嬉しくなりました。
 このお言葉を頂戴した後、奥さまとご主人と三人で握手をして、そしてお別れをしました。
 私がショートステイを勤務先として選んでいる理由はここにあります。「できるだけ長く住み慣れた家で過ごしたい……。」
「できるだけ長く住み慣れた家で生活させてあげたい……。」
 私には、その願いを叶えるお手伝いができる。それがとても幸せだと感じるのです。

小川 裕美さん小川 裕美(おがわひろみ)
㈱松明 ショートステイ松明 生活相談員
(介護支援専門員・介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士)

 

関連記事

  1. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  2. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【66】暮らしにかか…
  3. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【67】大相続税時代…
  4. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【70】相続税の負担…
  5. 介護付有料老人ホームでの 「医療行為」
  6. 研修担当の仕事 より良い介護職員の育成のために研修担当の仕事
  7. 日本版CCRCは シニアの理想郷となるか? 実現へ向けての課題②…
  8. いきいきビクスで ヘルシーエイジング!
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 元関脇・琴錦の朝日山親方
  2. ゴールデンライフ10月号
  3. 心と心をつなぐおやつ
PAGE TOP