健康・お金・生活

【最終回】あなたのフレイル危険度をチェック!健康長寿のカギはフレイル予防⑫

あなたは「フレイル」という言葉をご存じでしょうか?体重が減ってきた、疲れて何もやる気が出ない、歩くのが遅くなった……などを感じたら、それはフレイルかもしれません。介護予防のために知っておきたいフレイルの話、最終回です。

「フレイル」は要介護に なる前の虚弱

 文明が発達して衛生状態が良くなり、人は長生きするようになりました。しかし長生きは良いことばかりではなく健康障害のリスクが高まり、健康寿命が短縮します。
 人のみに与えられた老後という貴重な時間も、要支援・要介護となれば楽しみが減ってしまいます。超高齢社会で求められるのは、「質の高い長寿」です。私たち一人ひとりが健康増進の意識を高めて平均寿命と健康寿命とのギャップを縮めていくことが大切です。そこで知っておきたいのが「フレイル(虚弱)」という心身の状態です。
 介護が必要となるまでの中間段階として、人によってその期間に長短の差はありますが、「フレイル」(虚弱)という状態があります。
 フレイルでは、加齢に伴い食欲が落ちるなどの理由から食べる量が減り体重が減少、低栄養を招きます。低栄養状態では疲れやすく活動量が減り、動かないことで筋力が低下します。そしてますます身体機能が衰えていく……このような一連の負の連鎖を、「フレイル・サイクル」といいます。フレイル・サイクルが一旦回り始めると、時間の経過と共に加速して、自分のことが自分でできない状態(非自立・依存・要介護)になっていきます。
 したがって、まずはフレイルの早期発見が重要です。フレイルは早期に適切な対処をすれば、生活機能を改善し、維持することができます。

フレイル危険度をチェック!

「介護が必要となる可能性が高い」高齢者(65歳以上)を調べるために、厚生労働省が作成した基本チェックリストを紹介します。
 このリストは「身体的フレイル」「精神・心理的フレイル」「社会的フレイル」を含む25の質問からなっています。最後にフレイル度の評価と改善点のアドバイスを載せています。参考にして質の高い老後に役立てていただきたいと思います。

フレイル基本チェックリスト

フレイル度とアドバイス

知っておきたい高齢者のフレイル

 

関連記事

  1. お口のお手入れが脳の健康を守る歯周病の予防・治療と認知症
  2. 上手に利用したい介護保険サービス 在宅生活を続けるためのショート…
  3. 歯磨きで体の健康を守る正しいケアで歯周病予防
  4. 歯周病の治療なくして健康長寿はありえない
  5. 健康長寿のカギは「フレイル」予防④
  6. 免疫力をアップさせる笑いの力「一日一笑で周囲も笑顔に」
  7. 在宅介護 同居するなら、できるだけ早いうちに
  8. 終活 ライフエンディングを考える【26】
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 俳優 柄本明さん
  2. 2018年1月号ゴールデンライフ
  3. 若 若 & 噛 む 噛 む
PAGE TOP