コラム

水前寺清子の人生いつからでも花ひらく

⑤趣味がもたらす人との出会いと学び

色、柄、デザイン。ニットソーイングは、作る人の性格が作品に表れるといいます。かく言う私の作品は、いずれも大胆な柄でハッキリとした色合いのものばかりです。趣味というのは、自分の知らない一面を写す鏡のようなものかもしれません。
 私の場合、作品への愛着というよりは制作過程や、一人の世界に没頭できる時間を楽しんでいたように思います。
 休日は自宅で過ごす生粋のインドア派だった私が、休みも返上しインストラクターの資格を得て、講師として教室を持つことになったのもまたしかりです。
 生徒さんたちとの出会いも、人生において貴重な経験となっています。仕事との両立が適わず教室は辞めることになりましたが、趣味を通じてさまざまな人との出会いがあり、多くを学ぶことができたのです。

水前寺清子さん水前寺清子(すいぜんじきよこ)
1945年熊本県熊本市出身。
1964年「涙を抱いた渡り鳥」で歌手デビュー。代表曲「三百六十五歩のマーチ」など大ヒットを放つ。現在はBSフジの情報番組「水前寺清子情報館」の総合司会を務めるなど、マルチに活躍中。

水前寺清子情報館

 

関連記事

  1. 【新連載】芝田千絵のアートライフ vol.1
  2. 若若&噛む噛む健康レシピ|千切り野菜とくるみのサラダ 豆腐チーズ…
  3. サクセスフル・エイジング サクセスフル・エイジングへの道③
  4. photoスケッチ50 PHOTOスケッチ50
  5. 【新連載】水前寺清子の人生いつからでも花ひらく
  6. サクセスフル・エイジング 【新連載】サクセスフル・エイジングへの道①
  7. 人情で生かされた私の半生【2】
  8. 元新聞記者が会った昭和の偉人たち アーウー宰相・大平正芳
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. サクセスフル・エイジング
  2. 認知症の人が自分らしく暮らすグループホーム
  3. 老老介護が増えるなか防ぎたい認認介護
PAGE TOP