特集

今すぐ始めたい!家庭でできる認知症予防

現在全国に約460万人、将来的には700万人にまで膨れ上がるといわれている認知症患者の数。
認知症にかかる人の増加に伴い、その介護に対する悩みや自身が認知症になったときの不安を抱える人が増えています。
そこで今号は、家庭でできる認知症予防を紹介します。

シニアの5人に1人が認知症になる時代

 高齢化が進むとともに、増加の一途を辿っている認知症にかかる人の数。厚生労働省の推計では、2012年の時点で65歳以上の認知症患者数はおよそ462万人となっており、65歳以上の7人に1人が認知症でした。この数は今後さらに増え続け、2025年にはおよそ700万人となる見込みで、これは65歳以上の5人に1人の割合です。つまり認知症は、誰もが発症する可能性のある身近な病なのです。 
 厚生労働省の国民生活基礎調査によると「要介護原因の第2位が認知症」という結果もあり、認知症の発症をできる限り防ぐ、早急な対策が求められています。
 認知症は一度発症すると、現代の医学では完治しないといわれていますが、一方で普段から認知機能を鍛えることで、ある程度は予防できるともいわれています。仮に認知症を発症したとしても、早期に対策をとれば進行を遅らせることができるのです。
 認知機能は、知らず知らずのうちに衰えています。まずは自分が認知症予備軍になっていないかをチェックして、普段から認知症予防に取り組んでみましょう。
認知症を有する人の将来推計
認知症チェックリスト

教えてドクター!認知症を防ぐには?

80_tokushu-4
軽度認知症(MCI)は、脳を鍛えることで防げるといわれています。どのように予防すれば良いのか、認知症予防の専門家であるブレインケアクリニックの今野裕之院長にお話を伺いました。

80_tokushu-3ブレインケアクリニック 院長 今野裕之(こんのひろゆき)先生
丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩2分
診療時間/10 時〜13 時、15 時〜19 時
休診日/水曜、日曜、祝日、第2・第4土曜
東京都新宿区左門町13 磯辺ビル2F
TEL/03-3351-3386
ブレインケアクリニックでは、脳の機能低下を早い段階から発見できる「コグニトラックス」という検査が受けられます。また、血液検査や体組成検査、自律神経検査、遺伝子検査などを組み合わせ、脳の健康を維持するための具体的なアドバイスを総合的な観点から行っています。

認知症は予防できる時代

認知症予防について教えてください。

 一般的に認知症は発症してしまったら終わりという考えが根強くありますが、認知症は予防できる時代になってきています。認知症になる前の段階を軽度認知障害(MCI)といいますが、仮にMCIになったとしても、予防によって15 %~40%程度の人は回復することが可能です。
 認知症になりやすい要因は、主に加齢、高血圧、糖尿病、肥満、高脂血症、うつ病、運動不足、知的活動の少なさなどです。認知症予防は、まず生活習慣の見直しから行いましょう。食事に関しては、野菜や魚、豆、オリーブオイル、ヨーグルトなどをたっぷりと摂取し、赤ワインを毎日適量に飲む地中海料理が良いといわれています。和食も野菜や魚、豆、発酵食品を多く摂取するため、地中海料理と共通するところが多く、認知症には一定の効果があります。逆に避けた方が良い食材は、トランス脂肪酸、加工食品、糖質などです。

食事以外には何に気を付ければ良いですか?

 定期的に有酸素運動を行いストレスの少ない生活をおくりましょう。人はストレスを受けるとコルチゾールというホルモンが出て、そのコルチゾールが脳の神経細胞を殺してダメージを与えてしまいます。特に記憶を保持する海馬という部分がやられるため、ストレスの多い人は海馬が萎縮して、認知症になりやすくなってしまいます。ただし一度壊れてしまった神経細胞も、認知行動療法や瞑想などの方法で回復できるので安心してください。また、脳の老廃物は寝ている間に排出されるので、寝不足が続くと必然的に老廃物を排出する時間が少なくなります。不眠そのものも脳の働きを低下させますが、それに加えて認知症のリスクが高まるという報告もあります。

40代後半から予防を意識して

予防はいつから始めれば良いのでしょうか。

 認知症の中で最も多いアルツハイマー病は、発症の20年ほど前から原因物質が脳に溜まり始めるといわれています。仮に65歳で発症すると
45歳ぐらい。脳の機能が低下し始めるのも40代後半ごろからですので、早めにケアすることが大切です。ただし50代後半から予防を始めたとしても、発症前であれば改善の余地はありますし、いくらでも取り戻せます。
 個人的に危惧しているのが、現代人の脳機能の低下です。今はIT技術の発達によって便利な情報機器が溢れています。それによって人は考えることをやめ、脳機能の低下を引き起こしています。ですから、フィットネスで筋肉を鍛えるのと同じように、ぜひ脳を鍛えてください。例えば家事の手順を考えたり暗算をしたり、どこかへ出かけるときにスマートフォンに頼らず行ってみるなど、常に脳を使うことを意識したいものです。日本では、運動と暗算やしりとりなどを組み合わせた脳のトレーニングが有名で、これによってMCIが改善した報告もあります。

読者へメッセージをお願いします。

 日々同じようなことしかやっていないと、脳も筋肉と一緒で使わない部分はどんどん衰えていきます。これまでお話しした通り、認知症発症と戦える方法は数多く見つかっています。ぜひ積極的に予防を行い、気になるところがあれば怖がらずに一度、医療機関にご相談ください。

脳活クイズにチャレンジ
80_tokushu-6
 

関連記事

  1. 肌老化の進み方が変わる!今からでも間に合うエイジングケア
  2. おひとりさま必見!転ばぬ先の生活サポート【保存版】
  3. いざというときに慌てない!知っておきたい 介護保険制度のキホン
  4. 顔のシワ・たるみは頭がい骨の老化が原因だった!若さを保つ「骨ケア…
  5. 少ない負担で大きな運動効果!水中ウォーキング
  6. 今すぐ実践!夏の脱水から体を守る
  7. 認知症に負けない脳を作る「食の力」
  8. 交通事故のない社会が訪れる?進化する運転支援システム
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 若 若 & 噛 む 噛 む
  2. photoスケッチ50
  3. 老人ホームへの入居相談
PAGE TOP