健康・お金・生活

ライフエンディングを考える㉙価値観の変化でさまざまな形式が登場 自由化する葬儀

近年、「葬儀」に対する考え方が多様化してきています。
最近では、お寺をよばずに自由な形式で行う葬儀も増えてきており、葬儀の自由化が進んでいます。

価値観の変化で葬儀も多様化

 近年、価値観の変化により「葬儀」に対する考え方も多様化してきています。
 最近では、宗教関係者(お寺や神社)などをよばない自由葬形式で執り行われる葬儀も増えてきており、まさしく「葬儀の自由化」といっても過言ではありません。
 今回は、そんな多様化する葬儀の種類についてお伝えしたいと思います。

たくさんの方でお見送りする葬儀

■一般葬
 身内だけではなく故人・遺族と親しい方や職場関係の方々も会葬して行う一般的な葬儀です。 最も馴染みが深い葬儀の形式で、たくさんの参列者が集まることもあり、大きな規模の葬儀になることがよくあります。

■社葬
 会社(法人)が施主となって執り行われる葬儀です。

 一度で多くの方々が故人とお別れができることは、一般葬と社葬の大きなメリットかもしれません。

親族と身内のみで見送る葬

■密葬・家族葬
  故人と親しい方だけが内々で行う葬儀です。
■1日葬
 通夜をせず、葬儀・告別式と火葬を1日で執り行う葬儀です。
■直葬(火葬のみ)
 通夜や葬儀、告別式は行わず、身内や親しかった親族や友人だけが火葬場で故人に別れを告げます。

 内々で行う葬儀は故人とゆっくりお別れができることもあり、近年非常に多くなってきています。
しかし、訃報を聞いた方が、後日ご自宅などへ次々と弔問に訪れてなかなか落ち着かなかったり、会葬できなかったことに苦言を呈されたりする、などのトラブルもありますので注意が必要です。

さまざま葬儀の形式

さまざまな葬儀の形式■仏式葬
 仏式葬は、日本人の多くが行っている最も一般的な形式で、僧侶の読経で見送る葬儀です。 菩提寺がある場合は納骨などの関係もありますので、必ず事前に連絡をして日程などの打ち合わせを行います。
 菩提寺が遠くて僧侶に来ていただけない場合は、同じ宗派の僧侶を紹介してもらうことになりますが、戒名は菩提寺からいただくようにします。
 菩提寺がない場合の多くは、葬儀社から寺を紹介してもらいます。
■神式葬
 神式葬は、神社の神官が執り行います。一般的に神社では葬儀は行いませんので、斎場や葬祭ホール、自宅などを使います。
■キリスト教式葬
 キリスト教式葬は、教会の神父や牧師が執り行います。葬儀の場所は教会や斎場、葬祭ホール、自宅などで行います。
■無宗教葬
 無宗教葬は、仏式、神道式、キリスト教式などの特定の宗教・宗派にとらわれない自由なスタイルの葬儀です。
 自由葬儀とよばれることも多く、生前に故人が好きだった音楽を流したり、映像を流したりすることもあります。
 このように多種多様な形式がある葬儀ですが、ご逝去されてからの準備では考える時間も限られており、満足のいくお別れができないケースもあります。ぜひとも葬儀の事前相談やエンディングノートの作成をお勧めします。
 弊社では「介護からエンゼルケア」までを長年の基本方針としており、実績がございます。
「葬儀」や「看取り」などのご相談も随時受け付けております。
 介護事業社や個人向けに、「エンディングセミナー」も無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社ケアサービス

富澤政信さん富澤 政信(とみざわまさのぶ)
株式会社ケアサービス 常務取締役
経済産業省 「ライフエンディングステージ創出」委員

 

関連記事

  1. 全身の健康を守る歯磨き 見直したいブラッシング回数と歯ブラシの交換時期 全身の健康を守る…
  2. 施設入所 一人暮らしの不安を解消する施設入所
  3. 金属床の入れ歯とは ワンランク上の満足感が得られる「金属床」の入れ歯とは?
  4. こちら西新宿 税理士よろず相談奮闘記 【59】
  5. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  6. 経営者の想いをつなぐ相続「家族信託」 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【82】経営者の想いをつなぐ相…
  7. 気を付けたい入院や入所に伴う「副作用」
  8. 仕事の結果は相手の心に残る 寄り添える介護で心に残るサービスを
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 都内の名処
  2. ゴールデンライフ創刊100号特別企画
PAGE TOP