健康・お金・生活

税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【69】相続した土地を売却する前に知っておきたい二重課税を軽減する特例

相続した土地は、相続税を払って取得しても、売却する際にまた税金が掛かる「二重課税」のことを考えると売却を迷ってしまいます。
こんな時に適用される特例を知っておけば、売り時を逃さずにすみます。

毎週月曜日に開かれる無料法律税務相談所。
今月はこの相談所をきっかけに行った「土地の譲渡に係る確定申告」のお話をしましょう。

「相続税の取得費加算」の特例

「伏木さん、確定申告ではお世話になりました。無事終わってほっとしていますよ。あんな特例があると聞いたおかげで、土地を売る、という踏ん切りがつきましたもんね。」
「こちらこそ、ありがとうございました。」
 今月ご登場いただくのは、確定申告でいろいろとやり取りをしたMさん。駐車場の賃貸収入について、毎年申告書を提出されている方です。今年は土地の譲渡があったため、その申告も併せて行いました。また昨年にお母さまがお亡くなりになり、相続税についてもワンパック相続®でお手伝いをさせていただきました。
「お袋から相続した土地の活用について、悩んでいたんですよ。自分では使わないし、アパートなどを建てる気力はないし……。実家の土地はとりあえず残すとしても、他の土地は、相続税を払って取得したのに全然有効活用できてなかったですからね。」
「そう思っていらしても、その土地を売却したらまた税金がたくさん掛かるので、二の足を踏んでしまう方が多いのも事実です。」
「私もそう思っていました。だってあれだけ相続税を払って自分のものにしたのに、その土地を売ったらまた税金がかかるなんて!悔しいですからね。でも今思うと、伏木さんからあの特例を聞かなかったら、売り時を逃していたでしょう。」
「相続税の取得費加算の特例ですね。相続税と譲渡所得税の二重課税を緩和させる特例です。税制改正で、Bの部分が厳しくはなりましたが、譲渡の際にはしっかりと確認したい特例の1つです。なおこの特例は、譲渡の時期が相続税の申告期限から3年以内という制約がありますので、生前に、それぞれの土地の活用を整理しておくことが大切です。」

相続税の取得費加算の特例

「優良住宅地の造成等」の特例

「Mさん。さらに今回は、土地の買い主さんが特徴的でしたので、別の特例も併せて適用することができました。これも効果的でしたよね。」
「そうでしたね。たまたま地場のデベロッパーさんが手を挙げてくれたんですが、まさかあれほどの節税になるとは思いませんでした。節税になった金額はいくらになりますか?」
「120万円ほど納税額が少なくなりました。」
「120万円!」
「平たく言えば、戸建ての建売りを一団で造成して行うような業者さんが買い手の場合などには、この適用があります。若干の準備書面がありますが、この特例は前述の取得費加算の特例と併用できますので、しっかりと押さえておきたい特例になります。そもそもこの特例を情報としてキャッチしておかなければ、該当しない買い主へ譲渡していたかもしれませんので、情報として『知っておく』ことが何より大事ですね。」
「伏木さん、本当にそう思います。私もこの無料相談所でお話ししなければ知らなかったかもしれませんね。また定期的に寄らせていただきます!」
「はい、お待ちしております!」

優良住宅地の造成などのために土地を譲渡した場合の軽減税率

伏木栄太郎伏木栄太郎(ふせぎえいたろう)新宿総合会計事務所 税理士
「お年寄りの味方」を合言葉にした税務相談は、高齢者にとって、丁寧でわかり易いと好評である。

ワンパック相続

 

関連記事

  1. 自由な暮らしと安心を手に入れるゴールデンライフ世代の住み替え
  2. 脱水が引き起こす「怖い病気」
  3. 制度の見直しで助成が受けられなくなる!?介護保険を利用した住宅リ…
  4. 早期発見、早期対応が明暗を分ける要介護を招く3つの原因
  5. サクセスフル・エイジングへの道 成功加齢のためのQ&A⑨サクセスフル・ エイジングへの道
  6. あなたの食生活は大丈夫ですか?健康の基本は 毎日の食事から
  7. ライフエンディングを考える㉙価値観の変化でさまざまな形式が登場 …
  8. 「最新米国CCRC視察研究ツアー」より⑩いかにして日本版CCRC…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 楽しく百歳、元気のコツ
  2. 命涯りあり知は涯りなし
PAGE TOP