健康・お金・生活

【新連載】体への負担が少ない自然農法で野菜づくりにチャレンジ!①トマト編

家庭菜園を始めてみたいと思っても、体への負担を考えると二の足を踏まれる方も多いのでは。
でも、ご安心ください。シニアのための体に優しい家庭菜園の作り方があったのです。今月から5回にわたり紹介します。

野菜の成長リズムはシニアの生きるリズムと同じ

 長い間、ビジネスや家事・育児のリズムに合わせて忙しい時を過ごしたシニアが、引退後はゆっくりと過ごしたい、と思うのは当たり前のことでしょう。そのゆっくりとしたリズムこそ、農業のリズムと同じです。野菜はゆっくり、しかし確実に育っていきます。野菜の成長リズムこそ自然のリズムで、その意味で農業は、シニアの生活スタイルに合っています。
 シニアが農業を続けるには、体への負担が少ないのが何よりです。その点で、シニアには自然農法がお勧めです。
 自然農法とは、愛媛の福岡正信先生が創始したもので、「耕さない」「雑草を抜かない」「殺虫剤を使わない」「肥料をやらない」ことが特徴です。「そんな方法で本当に野菜ができるの?」と誰もが疑うでしょう。私もはじめは疑い、実際に試してみることにしました。今では自然農法を始めて20年以上になり、この農法の素晴らしさを身にしみて感じています。自然農法を実践していると、ミミズやクモ、カマキリが友達に見えてきます。そして最後に、収穫と美食のご褒美が待っています。
 今月はトマト作りを紹介します。夏には、新鮮で味の濃いトマトが収穫できますよ。

【4月末~5月初め】 ●苗の植え付け

苗の植え付け 
 トマトの種まきは、2月末~3月の初めが最適ですが、温室がないとその後の育成が難しいです。トマトを作る人は多いので、4月の中旬から5月の連休までに、スーパーなどで苗が売りに出ます。これを購入するのが一番簡単です。
 畑に植えた後は、周りを押さえて土をしめてください。水をやり、発酵鶏糞(はっこうけいふん)をひと握りずつ与えます。 自然農法では肥料をやらないのが理想ですが、トマトの木は大きくなり、実もたくさん成るので、最後までに合計で3握りほど与えます。野菜作りでは畑から収穫物を持ち出しますので、その分は肥料として与えても良い、と考えています。
 そして、1.5m程度の支柱を必ず添えます。苗がまだ小さい時は、1〜2週間後でも構いません。トマトの苗は、弱い割には大きくなります。支えがなければ、地這いになってしまいます。
 幹が伸びてきたら支柱に縛ります。荷造り用の白いビニール紐がよく使われますが、麻ひもがお勧めです。後始末の際、切って畑に捨てることができます。麻は自然に腐ります。

【6月】 ●脇芽を摘まない

6月になり暖かくなると、急に脇芽が伸び始めます。普通の農法では、この脇芽を小さいうちに全て摘み、主枝1本仕立てにします。
しかし自然農法の場合、このようにするとトマト全体の光合成が減り、主枝の成長が遅くなり、カメムシのえじきになってしまいます。
 自然農法では、脇芽を3~4本は伸ばします。それぞれの脇芽にも支柱を添えます。このようにすればカメムシはそれぞれの枝に分散し、トマトの成長の方がずっと早くなります。
 それ以後は、枝が混み合って通気が悪くなるようであれば、病気を防ぐためにも脇芽を摘みます。
 6月中に、2度目の鶏糞(けいふん)をひと握り与えます。2度目以後の肥料は、根元から同心円状に離してまくようにします。

【6月末】 ●防風柵を作る

防風柵を作る
 6月末になると、早い台風が来たりして強風が吹き荒れることがあります。トマトは、風にたたかれて枝や葉に傷がつくと病気になりやすくなります。特に最近は、葉枯れ病が出やすく、これが出たらなかなか防ぎようがありません。そこで主枝や脇芽の支柱を結びつけて防風柵を作ります。支柱は1本1本では風に弱いのですが、結びつけるとたいへん強くなります。

【7月中旬】 ●いよいよ収穫

いよいよ収穫
 青い実がだんだんと赤く色づいて熟してきます。成り始めるとトマトは本当にたくさん成ります。自然農法では、いろいろなところにトマトがなっているので、探すのがたいへんですが、その分嬉しくもあります。全体は、ジャングルのようになってしまうので、ジャングルトマトと呼んでいます。
私のところでは8月10日頃がピークになります。これ以後も成りますが、傷ものが多くなります。 
 やはり自分で作ったトマトは新鮮で味が濃く感じます。今は、おいしい高価なトマトも売りに出されていますが、家庭菜園をする人だけが得られる、新鮮で味の濃いトマトを思う存分ご賞味ください。
 

横森 慶信さん横森 慶信 よこもりよしのぶ
自然農法を基礎とした「鷺野自然農園」園長。自然農法を始めてから20年以上が経つ。
元大学教授。現在は、自然科学者の目で見た農業、エネルギーと森と食糧の関係、放射性セシウムの最終貯蔵について執筆活動をしている。
http://www.geocities.jp/guzura100/

 

関連記事

  1. 口腔ケア どんな治療ができる?歯科の訪問診療
  2. ライフエンディングを考える親から子へ思いを引き継ぐ「生前整理のす…
  3. 住宅取得資金の贈与 こちら西新宿 税理士よろず相談奮闘記【79】相続税対策として注目…
  4. 介護付有料老人ホームでの 「医療行為」
  5. お口の体操でオーラル・フレイルを防ぐ 健康長寿のカギは「フレイル…
  6. いきいきビクス」でヘルシーエイジング!Lesson2
  7. 在宅介護を支援するサービス ご利用者やご家族の力になれるショート…
  8. 100年生きる人の習慣 健康長寿のヒミツに迫る100年生きる人の習慣
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 都内の名処
  2. ゴールデンライフ創刊100号特別企画
PAGE TOP