コラム

水前寺清子の人生いつからでも花ひらく

③趣味を通じて知る自分の可能性

 押し花絵を始める前は、「絵心がないから無理だ」「忙しくて趣味にかける時間がない」と思っていました。それでも始めてから1年もすると、制作した作品は50点を超え、凝り性な性格が見事に開花しました。

 細かい作業に夢中になり、気が付けば夜中の3時過ぎなんてことはしょっちゅう。休日になると1日中作業をして複数の作品を仕上げることもよくありました。周りからは、「いつそんな時間があるの?」と驚かれたこともあるほどです。

 どんな状況でもその季節になると花を咲かせる植物は、世界で一番強いと思います。自分もそうありたいと望みます。そして、必ず散ってしまう花を美しい姿のまま残す押し花に、たくさんのことを教えてもらった気がします。押し花は、私にとってかけがえのない経験になりました。

水前寺清子さん1945年熊本県熊本市出身。
1964年「涙を抱いた渡り鳥」で歌手デビュー。
代表曲「三百六十五歩のマーチ」など大ヒットを放つ。
現在はBSフジの情報番組「DO YOU?サタデー」の司会を務めるなど、マルチに活躍中。

BSフジDO YOU?サタデー

 

関連記事

  1. 人情で生かされた私の半生【4】
  2. 健康レシピ 若若&噛む噛む健康レシピ|フルーツいも きんとん風、えのきたけと…
  3. モノとこころの整理術 老いへの「ケジメ」④
  4. 都内の名処 シニアライフ・コンシェルジュが案内する都内の名処③
  5. モノとこころの整理術 老いへの「ケジメ」③
  6. 「幸せな 人生」に必要な たった1つの言葉(メ ッセージ)⑥
  7. 元新聞記者が会った昭和の偉人たち 伝説の名刑事・平塚八兵衛
  8. 元新聞記者が会った昭和の偉人たち 「東洋の魔女」の応援団長・淡島…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 健康レシピ
  2. 心と心をつなぐおやつ
  3. 野球をオリンピックに呼び込んだ男
PAGE TOP