健康・お金・生活

上手に利用したい介護保険サービス 在宅生活を続けるためのショートステイ

24時間365日、在宅介護にお休みはありません。そんなときにご利用いただきたいのが「ショートステイ」というサービスです。
介護のプロの手を借りることで、お悩みやお困りごとが解決することもあります。

介護のプロが支援することで住み慣れた自宅でいつまでも

 介護保険サービスの中で「デイサービス」については、なじみのある方が多いと思いますが、「ショートステイ」については、聞き慣れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 ショートステイとは、デイサービスのような日帰りサービスとは違い、短期間施設に宿泊し、日常生活で必要な食事や排せつ、入浴などの介護を24時間体制で受けられるサービスです。介護保険上の正式な名称としては「短期入所生活介護」といわれています。
 ショートステイをご利用になられるのは、次のような目的の方が多いように思います。
●一人暮らしが不安。
●日中ご家族が就労のため不在で、介護を受けることができない。
●退院後、自宅に戻ってすぐに生活を再開することに不安がある。
●冠婚葬祭などで一時的に家族の介護を受けることができない。
●介護する家族がリフレッシュすることで、また介護をがんばれるように要介護者の休息日として。
 このように、ショートステイはさまざまな目的で利用されており、利用期間も1泊2日から1カ月程度とさまざまです。
 ご利用者によって利用目的や期間が異なるショートステイですが、共通する大きな役割として、私たち介護のプロが在宅介護をお手伝いさせていただくことで、住み慣れた地域やご自宅でいつまでも暮らすことが可能になる、ということがあげられます。

在宅生活を継続するためのショートステイ

 介護保険上、ショートステイは特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの入所系サービスと違い、在宅系サービスと位置付けられています。それはつまり、第一に自宅での生活を中心に考え、在宅介護を継続するためにはどのような支援が必要かを考えることです。
 一例をあげますと、歩行状態が悪い方であっても安易に車いすを提供するのではなく、ご自分で可能な限り歩行していただきながら、危険と思われる場面のみお手伝いをする。また、身体機能は問題がない(手足がよく動く)方でも、認知症により洋服を着る順番がわからなくなった方には、シャツ→パンツ→上着→ズボン→靴下と1点ずつお渡しすることで、スムーズに着替えられるよう支援する。このようなことがとても重要になってくると思います。
 一般的なご家庭で24時間体制の介護を行うのはかなり難しいことだと思います。それでも「住み慣れた自宅で過ごしたい」というご利用者のお気持ちに寄り添い、それを可能にする支援を行うのがショートステイの重要な役割であると思います。
 ショートステイでは、同じご病気や同じ身体状況であったとしても、ご利用者によってご自宅での生活環境や家族構成が異なり、ケアの方向性も違ってきます。これには正解がありませんから、なかなか答えが出ない場合もあります。そのようなときは、ご利用者とご家族、ケアマネジャーを交えながら、ご利用者やご家族が思い描く「最良の在宅生活継続プラン」を検討していくことになります。

介護のプロに話すことで 解決することもある

 78_seikatu04-2私が勤務している「ショートステイ松明」は、1日にご利用いただけるのが20人までと決して大きな施設ではありませんが、その規模だからこそ大切にしているものがあります。それは、ご利用者とご家族の声をたくさんお聞かせいただく、というものです。どんなわずかなお困りごとでもお話を伺うことで、より良い在宅生活をおくるための糸口になることがよくあります。ショートステイをご利用いただく中で、お悩みやお困りごとを解決していただき、皆さまの幸せな毎日と在宅生活の継続につながっていけば、これ以上に嬉しいことはありません。
「ショートステイ松明を利用して良かった」と一人でも多くの方におっしゃっていただけるように、これからも日々精進してまいりたいと思います。
 在宅生活や介護でのお悩みや、お困りごとがありましたら、ぜひ私たちにお聞かせください。

小川 裕美さん小川 裕美(おがわひろみ)
㈱松明 ショートステイ松明 生活相談員
(介護支援専門員・介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士)

 

関連記事

  1. 冬場の温度差とアルコールに要注意 冬場の温度差とアルコールに要注意 交通事故死より多い入浴中の事故…
  2. 100年生きる人の習慣 健康長寿のヒミツに迫る100年生きる人の習慣
  3. 施設での取り組みと工夫 その人らしく生きがいのある生活を施設での取り組みと工夫
  4. 口腔がん 治りにくい口内炎に要注意 口腔がん
  5. 症状が現れた時には赤信号!放っておくと恐ろしい糖尿病
  6. 【新連載予告】「いきいきビクス」で ヘルシーエイジング!
  7. いきいきビクス 【最終回】ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエ…
  8. 早期発見、早期対応が明暗を分ける要介護を招く3つの原因
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 命涯りあり知は涯りなし
  2. がんばらない老後
  3. 「アニマルセラピー」その効用と問題点
PAGE TOP