インタビュー

実力派俳優 小日向文世さん

輝く人 インタビュー 3月号 Vol.78

「やりたいことは全てやろう!10代で決めた小日向流の生き方」

実力派俳優=小日向文世さん。活躍の場は年を追うごとに広がり、観る者を引き付けて離しません。これまでの歩みを振り返っていただくとともに、主演映画『サバイバルファミリー』について伺いました。

スキー事故体験から生き方を決めた

学生時代、勉強嫌いだったと聞きました。

 高校時代にマージャンを覚えてハマってしまってからは、美術部で絵を描いているか、マージャンに明け暮れていました。勉強には全く興味を持てず、主要5科目の5段階評価はオール2。「美大に進みたい」と先生に相談したら、「お前の成績で入れる大学はない!」とはっきり言われてしまいました。そこでデザインの専門学校に進学するのですが、1年生の冬、姉と出掛けたスキーで腕を複雑骨折し、それからの一年半は手術と入退院の繰り返し。この事故をきっかけに「これからの人生は、やりたいことは全てやろう!」と決めました。まずはカメラ。当時、『流行通信』というファッション雑誌が人気で、カメラマンは憧れの職業でした。「女の子にモテる!」そんな動機で始めましたが、写真って撮る側より被写体の方に注目が集まりますよね。だったら撮られる側=俳優になろうと、新たな「やりたいこと」が出てきました。

俳優への道は容易ではなかったそうですね。

 当時、俳優の登竜門といえば文学座で、中村雅俊さんや松田優作さんが大活躍されていました。その文学座の入団試験は散々でしたよ。試験内容はシェイクスピア『ハムレット』の有名な一節「~尼寺へ行け~」とパントマイム。お題は、サラリーマンが仕事に疲れて帰宅するとベッドに死体があり驚く、というものと、道端の花を摘んで好き嫌いと花びらを落とし、嫌いで終わって残念に思う、という2つの設定からの選択でした。多くの男性志望者がサラリーマンネタを選ぶ中、僕はあえて花摘みの方を演じました。しかし一次選考で見事不合格。志望者は約6000名、30名に残れるはずもありませんでした。

アルバイト生活、中村雅俊さんの付き人を経て、串田和美さんが主宰するオンシアター自由劇場に入団し俳優デビューされました。

 もともとは映像をやりたかったのですが、入団できたので舞台俳優を目指すことにしました。最初はセリフもなく、気楽な気持ちだったんですが、役付きになると状況は一変、厳しかったですね。途中で、やはり映像の仕事がしたいと思い串田さんに相談すると「映像の仕事のオファーがあったら受けるよ」と言われ、気が楽になりました。
19年在籍後、劇団は解散し、念願の映像の世界に飛び込みました。どんなに厳しい現場であっても、あの時代よりつらいということはありませんね。

インドア派で自宅と家族が大好き

映画・TVドラマ・舞台と引っぱりだこですが、お休みが取れた日は何をされていますか?

 何もせず、ただぼ~っとしていますね。インドア派なので出掛けることは少なく、仕事場と家の往復だけ。家族の気配を感じながら、台本や本を読む時間が好きですね。これといった趣味があるわけでもないから、一カ月ぐらいの長い休みなんかもらったら、時間を持て余してしまうかも?!家事を手伝うこともあまりなくて、たまにトイレ掃除をやると隅から隅まで徹底してやりますが、家事も子育ても基本全ては、かみさん任せ。だから逆らえませんよ。

主演映画『サバイバルファミリー』で小日向さんの演じた「鈴木さんのダメパパ」ぶりが印象的です。

 外面が良くて、日常生活で偉そうにしていても、非常時に何もできない。僕もサバイバル苦手ですからねぇ。全く役に立たないんじゃないかな。それに比べて女性は危機的状況下では強いですよね。家族でどう生き抜くか?行動力があって頼もしい。
 映画中、サバイバル生活の中で田舎を目指して家族4台の自転車が一列になって走るシーンがあって、僕はここが好きです。「ああ、日本っていいな」と思わせるような穏やかな原風景を、きずなを取り戻した家族が走る。ほっこりできる数少ないシーンです。試写をご覧になった方からは「ただ笑えるだけでなく、緊迫感がある」という感想を多くいただきました。その真意を確かめに、ぜひ劇場へ足を運んでください。

小日向 文世 (こひなた・ふみよ)
1954年、北海道出身。東京写真専門学校を卒業後、中村雅俊氏の付き人を務め、1977年串田和美主宰のオンシアター自由劇場に入団。劇団解散となる1996年まで中核を担う。解散後は活動の場を映像にも広げ、映画『銀のエンゼル』で初主演を射止めた。2008年には『あしたの、喜多義男』で統合失調症により分離した一人2役という難しい役に挑戦。高い演技力に賞賛の声が上がった。
2011年『国民の映画』で第19回読売演劇大賞『最優秀男優賞』、2012 年『アウトレイジビヨンド』では第86回キネマ旬報ベスト・テン『助演男優賞』をそれぞれ受賞。
昨年からは『ぶらり途中下車の旅』の3 代目ナレーションを務めるなど、幅広く活躍中。

サバイバルファミリー

 

関連記事

  1. 昭和女子大学 理事長 坂東眞理子さん
  2. 俳優 三浦友和さん
  3. 女優 高島礼子さん
  4. 俳優 小倉久寛さん
  5. 歌手・俳優・タレント ピーターさん
  6. 女優 松原智恵子さん
  7. 女優 藤田弓子さん
  8. 喜劇役者 伊東四朗さん
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 若 若 & 噛 む 噛 む
  2. photoスケッチ50
  3. 老人ホームへの入居相談
PAGE TOP