コラム

PHOTOスケッチ47

標本木

標本木とは、開花状況などを調べるために指標となる植物のこと。全国に90カ所以上ある標本木の場所は、気象台内や公園内にあるなど地方によりさまざまだ。
 標本木に5〜6輪の花が咲くと「開花宣言」に、8割以上が開くと満開と発表される。標本木以外でいくら花が開いても「開花」とされないので、たまにじれったい年もある。
 東京の桜を調べる標本木は、靖国神社のソメイヨシノだ。靖国神社境内にはソメイヨシノや山桜などおよそ500本もの桜があり、明治3年に初めて植えられた桜が指標木の1本だが、押え木されている様子から年代の経過がうかがえる。すぐそばには明治14年に芝公園に建てられ、明治36年に移築された能楽堂がある。ここでは能や日本舞踊などが行われ、タイミングが良ければ厳かで情趣な、日本情緒溢れる花見を堪能することができる。

木村 弘好さん木村 弘好 きむらひろよし/フォトグラファー
1963(昭和38)年北海道帯広市生まれ。
(株)エーススタジオを経て(有)活写真事務所にて森山活氏に師事。
1994年〜木村写真事務所設立、フリーランスに。デジタル写真から絵をおこす「photoEny」は、メニュー・パンフレット・会社案内などに使用されている。

 

関連記事

  1. 【新連載】水前寺清子の人生いつからでも花ひらく
  2. 老後をどう生きるか? 【新連載】老後をどう生きるか?
  3. 「幸せな 人生」に必要な たった1つの言葉(メ ッセージ)⑥
  4. おふくろの料理教室 おふくろの料理教室「筍の炊き込みご飯」を作ってみよう!
  5. 今だからこそわかること、できることがある 老いには夢がある【9】…
  6. モノとこころの整理術 老いへの「ケジメ」②
  7. 命涯りあり知は涯りなし 命涯(かぎ)りあり知は涯りなし⑥
  8. 水前寺清子の人生いつからでも花ひらく
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 命涯りあり知は涯りなし
  2. がんばらない老後
  3. 「アニマルセラピー」その効用と問題点
PAGE TOP