特集

自由な暮らしと安心を手に入れる「シニアの住み替え」

シニアが住み替えを考えるのは、どんなときでしょうか。
今後の人生を豊かなものにしたいという思いがある一方、加齢による体力の衰えに備えるため、一人暮らしの不安や日常生活の不便さを解消したい、という思いもあるでしょう。
特に、介護の不安に備えるとき、シニアの住まいは「老人ホーム」という呼び名でひとくくりにされがちですが、ひと昔前に比べると、その種類は多様化してきています。

シニアの住まいは、大きく分けて「サービス付き高齢者向け住宅」「有料老人ホーム」「公的な老人ホーム」の3種類に分類されます。なかでも近年注目を集めているのが、民間企業が運営する「サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住(こうじゅう))」です。
サ高住と聞いても多くの方は、〝老人ホームの一種〟という大きな捉え方をされるのではないでしょうか。しかしサ高住は、老人ホームとは全く異なる特徴を持った住まいです。サ高住は、住み慣れた地域環境で、必要なサービスを受けながら安心して暮らし続けるという考えに基づいて生まれた、都道府県が認可したバリアフリー対応の賃貸住宅です。介護が必要になってから入居するという従来の老人ホームのイメージをくつがえし、サ高住は、元気な時に自分自身で選んで入居するケースがほとんどです。自宅と変わらず自由な生活を継続できるサ高住は、今を楽しむシニアにピッタリの住まいといえるでしょう。

自宅に代わる新たな住まい

2011年に改正された「高齢者住まい法」によりスタートした「サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)」は、福祉施策を担う厚生労働省と、住宅整備などのインフラ施策を担う国土交通省による共管事業です。近年、自宅と同じように暮らしながら、安心・安全を得られる新たな住まいとして注目されています。
開設基準として、居室面積は25㎡以上(ただし居間、食堂、台所その他の住居部分が共有の場合は18㎡以上)、バリアフリー設計、安否確認、生活相談サービスの提供が義務付けられています。
有料老人ホームや、待機者が列をなす特別養護老人ホームとの最大の違いは、シニア向けに作られた賃貸住宅であることです。暮らし方や入居方法は、一般的な賃貸住宅とほとんど変わりありません。
入居時に支払う敷金は、退去時に原状回復などに必要な額を差し引いて返還されます。有料老人ホームのような利用権方式ではないので、入居時に多額の準備金を必要としないのも魅力のひとつといえるでしょう。
「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていないサ高住では、介護サービスは外部の事業者を利用し、在宅と同じように使った分だけ費用が掛かる仕組みになっています。まだ元気なので介護は必要なく、自分のペースで生活を楽しみたいけれど、だからといって一人暮らしには不安がある、という方には最適な住まいです。また、入居者のうち1名が60歳以上であれば夫婦や兄弟、親子で入居することも可能ですから、特に老々介護の心配がある世帯には適した住まいといえるかもしれません。
施設によっては、共有の談話室やレクリエーション室を備えていたり、季節ごとにお花見や夏祭り、誕生日会などのイベントや小旅行などを催したりするところもあります。こうしたサ高住は今後、ますます入居者が増えていくことが予想されます。

サービス付き高齢者向け住宅はこんな住まい

サービス付き高齢者向け住宅と介護付有料老人ホーム

入ってよかった!サ高住 家族がいるような自由と安心感

家族がいるような自由と安心
サ高住のサービスや暮らしぶりは、実際どのようなものでしょうか。
埼玉県のサービス付き高齢者向け住宅「リーシェガーデン和光/南館」を訪ね、スタッフと入居者の方にお話を伺いました。

 

広々とした部屋が最大の魅力

施設の概要について教えてください。

【田上】56・23㎡と49・01㎡という2タイプの2部屋続きの1LDKを用意しており、ご夫婦でもゆったりと暮らしていただけるのが特徴です。二重扉なので部屋ごとのプライバシーも確保されていますし、賃貸マンションですから夜中でも出入りが自由です。また、敷地内にはフィットネスとドラッグストアを併設し、自立支援や介護予防にも取り組んでいます。将来的に介護が必要になった場合は、隣接するリーシェガーデン和光(本館)の訪問介護や訪問看護サービス、訪問診療をご利用いただくことも可能なんですよ。

自由な雰囲気でありながら、安心して暮らせる環境なんですね。では、こちらにお住まいの小黒さんと福永さんは、どのようなきっかけでここを選んだのでしょうか。

【小黒】以前怪我をして体の自由が利かなくなったのを機に、シニア向け分譲マンションを購入したんです。けれどそこは部屋が狭過ぎて。我慢できずにインターネットで新たな住まいを探していました。そこで出会ったのがリーシェガーデン和光南館で、広々とした部屋がひと目で気に入って即決しました。今は体も元気になったので、隣のフィットネスに週1回通い充実した毎日をおくっています。
【福永】私はもともと神戸に住んでいましたが、80歳を越えたころ息子に近くへ来ないかと言われて埼玉に移り住んできました。当時は普通の賃貸マンションを借りていたので、もしものことがあったときに相談に乗ってもらえるサ高住に魅かれ、こちらに越してきました。小黒さんと同じように以前住んでいた部屋は狭かったので、ここへ来てやっとゆっくり息ができると、思わず深呼吸をしました。

自分らしいライフスタイルと安心感

他にこちらで良かったと思うことは?

【小黒】ここは田舎過ぎず、程よい環境が気に入っています。週のうち3回は駅前まで買い物に行って自炊していますが、駅の周りはすごく雰囲気が良いんですよ。すぐ隣には24時間利用できるドラッグストアがあり、お薬はもちろん、ちょっとした食材から日用品まで何でも揃っていますから安心です。部屋に入ってしまえば自由な生活がおくれますから、起床時間に縛られることなく好きなだけインターネットをやったり、思う存分自分の趣味を満喫しています。
【福永】ここでは部屋で過ごすのもいいですし、共有スペースでは毎日のように麻雀や囲碁、手芸などの同好会をやっていますからね。管理室から発行されるイベント表を見ながら、今日は何をやろうかと行動していますよ。私はもともとご近所付き合いの多い環境で暮らしていましたから、ここで同世代の方たちと話ができるとホッとするんです。戦争中に苦労した話をしたり、若い人にはなかなか通じないような話をできるのが懐かしくてね。食事は自分の都合の良い時だけ食堂を使わせていただき、そこでの交流も楽しんでいます。雰囲気もお味もいいですし、お昼はバイキングなので好きな物を自由に選べていますよ。

お2人にとってサ高住とは?

【小黒】今までと何ひとつ変わらない、自由な生活が実践できる場所です。自分の気に入った土地でこんな暮らしができて、今はとっても幸せですよ。
【福永】月々支払うお家賃は、自分への保証という感覚です。日中はスタッフの皆さん、夜中はセコムさんが見ていてくれる。ここには安心があるんですよ。

76_tokushu-6

76_tokushu-7
ご入居者のさまざまな相談にも親身に応える㈱東日本福祉経営サービス
エリアマネジャー 田上久美子さん
 

 

関連記事

  1. 1年の締めくくりに実践したいモノと心の整理術
  2. 交通事故のない社会が訪れる?進化する運転支援システム
  3. シニア世代の強い味方!「配食サービス」
  4. おひとりさま必見!転ばぬ先の生活サポート【保存版】
  5. 筋肉量が健康のカギ!健康寿命を延ばす筋肉トレーニング
  6. 防災脳で「もしも」に備える命を守る食と住まい
  7. ゆったりのんびり行きたい シニアの旅
  8. 健康寿命をのばすウォーキングの法則!
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 俳優 柄本明さん
  2. 2018年1月号ゴールデンライフ
  3. 若 若 & 噛 む 噛 む
PAGE TOP