健康・お金・生活

在宅介護を支援するサービス ご利用者やご家族の力になれるショートステイ

在宅介護にお休みはありません。
家族といえども24時間365日の体制で介護しているとどうしても疲れやストレスがたまってしまいます。
そんなとき、ぜひご利用いただきたいのが、ショートステイというサービスです。

介護疲れをいやすレスパイトケア

 夫婦二人世帯など核家族化が進んでいる現在、在宅介護を担っているご家族の負担は、計り知れないものがあります。
 私はル・レーヴ南浦和の「ショートステイ」で、ご利用者やそのご家族と時間を共有させていただいておりますが、その中で「もっとご利用者やご家族のお力になれることはないのか、ご協力できることはないのか」と痛切に感じております。そんなときに思い浮かぶのが「レスパイトケア」です。
 レスパイトケアは、障がい者や高齢者などを在宅介護している家族をいやすために、一時的に介護を引き受ける家族支援サービスのことで、日本では1976年に「心身障害児(者)短期入所事業」という名称で、「ショートステイ」として始まりました。
 介護保険サービスのひとつであるショートステイは、施設に短期間だけ入所して、食事や入浴といった生活援助サービスや機能訓練が受けられるサービスのことです。その利用要件は当初、介護を担っている家族が病気になったり事故にあったりしたとき、冠婚葬祭などで介護ができないときなどの社会的事由に限定されていましたが、現在は介護疲れといった私的な理由でも利用できます。
 ショートステイは要介護者のためのサービスであるとともに、介護を担っているご家族のためにあるサービスともいえます。

家族が疲弊して共倒れになることも

 それでは、在宅介護をしているご家族が、ご自身の休息のためにショートステイを活用されているかといえば、実際はそうではないようです。
 前述しました社会的な事由でショートステイをご利用いただくケースは比較的多いものの、介護疲れを理由にショートステイを利用することには抵抗感をお持ちの方が多いようです。
 これは日本では、家族が介護を休む必要性の認識が社会的に低いことが原因ではないか、と考えます。そのため、家族が介護を休むことに罪悪感や後ろめたさがあるのではないでしょうか。
 責任感が強すぎるがゆえに抱え込んでしまい、疲弊されてしまったご家族を、私は数多く見てきました。しかし、介護している家族が疲弊してしまえば、共倒れという最悪の事態にもなりかねません。

ショートステイのご利用はケアマネジャーに相談を

 そのような状態をほんの少しでも軽減でき、ご利用者やご家族のお力になれる場所が、ショートステイや、デイサービスといった在宅介護を支援する施設である、と私は確信しております。ショートステイやデイサービスのご利用は、担当のケアマネジャーにご相談ください。
 また、さまざまな状況で介護に関するお悩みを抱えていらっしゃる方は、ぜひ一度、私どもにお声掛けいただければと思います。皆さまと一緒に悩み、考えることで、少しでも苦しみやご負担が軽くなればと願っております。私たちの施設には、そういった環境とスタッフがそろっております。どこかでお会いできますことを心待ちにしております。

在宅介護を支援するサービス

76_seikatu08-2吉田 将樹(よしだまさき)
(株)メディカル・デザイン
ル・レーヴ南浦和 ショートステイセンター長
介護福祉士

 

関連記事

  1. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【65】自宅を売った…
  2. 【新連載】「いきいきビクス」で ヘルシーエイジング!
  3. こちら西新宿-税理士よろず相談奮闘記【58】
  4. 【最終回】最期まで親しい人と共に生きられる理想郷 日本版CCRC…
  5. 体への負担が少ない自然農法で野菜作りにチャレンジ!④じゃがいも編…
  6. 人手不足の介護業界、できることはあるのか?ご入居者の安心な 暮ら…
  7. 成功加齢のためのQ&A③ サクセスフル・ エイジングへの道
  8. 口腔ケア どんな治療ができる?歯科の訪問診療
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 元関脇・琴錦の朝日山親方
  2. ゴールデンライフ10月号
  3. 心と心をつなぐおやつ
PAGE TOP