特集

顔のシワ・たるみは頭がい骨の老化が原因だった!若さを保つ「骨ケア」

年齢を重ねると気になってくるのが、顔のシワやたるみですね。
女性の場合、毎日パックやマッサージに励んでいる方もいらっしゃることでしょう。
確かにパックやマッサージにも一定の効果はありますが、それだけやっていても顔のシワやたるみは解決しません。
なぜならそれは、「骨の老化」も原因のひとつだったからです。

若さと健康のヒケツは骨にあった

顔のシワやたるみの原因が、皮膚の老化によるものだけでなく、実は頭がい骨の老化「骨粗しょう症」も大きく関係していると聞けば、驚かれる方も多いでしょう。
人の骨は、新陳代謝を繰り返しながら20歳~40歳で骨量がピークを迎え、その後はゆるやかに減少していきます。骨量が減り、骨がスカスカになって痩せてくると、骨の上にのっている皮膚や筋肉がたるんでいきます。つまり骨の健康状態に比例して、顔のシワやたるみが目立つようになってくるというわけです。
特に女性は閉経後、骨量が急激に減少します。その理由は、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が、閉経後に急激に低下するためです。エストロゲンは骨を作ったり壊したりする細胞に作用することがわかっています。
女性ホルモンといえば男性には関係ない、と思われがちですが、実は男性の体内でもエストロゲンは重要な働きをしています。男性の場合、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量が加齢とともに低下し、それに比例してエストロゲンも低下します。そのため女性ほど急激ではないものの、高齢になるにしたがい骨量が減少していきます。
さらに骨の老化は、私たちの健康寿命にも大きく影響しています。厚生労働省の調査では、要介護原因の第3位は「骨折・転倒」によるもので、これは老化による骨量の低下に伴い骨がもろくなり、骨折しやすくなっていることが関係しています。アメリカのある研究では、シワの多い女性ほど骨折しやすいことがわかっています。逆に、皮膚にハリや弾力のある女性ほど骨密度が高い傾向にあったそうです。つまり、若さと健康のヒケツは骨にあったのです。
それでは、骨の健康には一体何をすれば良いのでしょうか?一般的には骨ケア=カルシウム摂取と思われていますが、最近の研究では、カルシウムだけでは骨の老化は防げないことがわかっています。それでは何が必要なのか?下の「美骨度チェック」で確認してみましょう。

あなたに合った骨ケアがわかる!美骨度チェック

下の質問に答えると、現在のあなたの美骨度がわかります。
また骨の状態別に「必要な骨のお手入れ方法」をアドバイスしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
美骨度チェック

美骨度チェック 判定とアドバイス

美骨度チェック
あなたは素晴しい美骨の持ち主です。
美骨の持ち主です。今の生活習慣を続ければ、骨の老化は最低限に抑えられそうです。

美骨度チェック
食習慣は良いのですが、運動不足で足腰が少しだけ弱くなっているかもしれません。
今のままでは骨の老化が早く進んでしまう可能性があります。ウオーキングなどの適度な運動を習慣にして、これからも規則正しい生活を心掛けましょう。

美骨度チェック
今のままでは油断すると、骨の老化がどんどん進んでしまう可能性があります。
食生活を見直し、ウオーキングなどの適度な運動を心掛けるなどして、できるだけ早いうちに美骨を目指す習慣をつけましょう。

美骨度チェック
すでに骨の老化が進んでいるかもしれません。
今の生活習慣を続ければ、将来は骨粗しょう症になるリスクが高いでしょう。今すぐ美骨のための生活習慣に切り変えましょう。

総合的なアドバイス

75_tokushu-10骨は、生まれてから20歳くらいまでの間に骨量が著しく高まります。この時期にどれだけ骨量を増やしておけるかで、将来の骨粗しょう症のリクスが決まるといってもいいほどです。成長期の子ども達には、しっかりとした食習慣と生活習慣で、骨を貯えてあげたいものです。
そして21~40歳は、骨量を減らさない生活が大切です。女性は妊娠・出産でカルシウムが不足がちになるので注意しましょう。
40代以降になると加齢に伴い骨量が低下してきます。これに栄養不足、運動不足などの悪い生活習慣が重なると、骨の老化は加速します。次のページを参考に、今日から若さを保つ骨ケアをぜひ実践してください。

鄭 雄一さん監修者 鄭 雄一(ていゆういち) 東京大学教授医学博士
専門は、骨軟骨生物学、再生医学、組織工学、バイオマテリアル工学。骨や軟骨を再生・修復する因子を明らかにし、それを用いた治療法を考案するなど、骨軟骨の再生や組織工学分野での第一人者として知られる。著書に『骨博士が教える「老いない体」のつくり方』など。

いつまでも若々しくいるための「骨ケア」3つのポイント

ポイント1 美骨を作る 「運動習慣」

運動習慣骨や関節を鍛えるために重要なことは、適度な運動を習慣にすることです。日頃から筋肉を使って骨に適度な刺激を与えることで、骨を作る細胞が活性化されます。このときに注意したいのは、決して激しい運動をしないこと。骨に繰り返し適度な負担をかけられるような「ウオーキング」と「筋力トレーニング」の組み合わせがベストです。ウオーキングは、1日30分を目安に行ってください。
また、エレベーターをやめて階段を使う、買い物へは歩いて行くなど、日常生活の中でできることを実践していきま

ポイント2 美骨を創る「規則正しい生活」

特に女性は、閉経すると若さと美を保つホルモン「エストロゲン」の分泌量が急激に低下し、これが骨密度の低下を招き、骨粗しょう症の原因となります。骨粗しょう症は、閉経後の女性の死因で8番目に多く、プレ更年期といわれる45歳ごろから予防が必要です。できるだけ若いうちから規則正しい生活で、エストロゲンの低下を防ぎましょう。
エストロゲンを増やすには、極端なダイエットはしない、趣味などの夢中になれることに取り組む、質の高い睡眠を取る、体を冷やさない、たばこを吸わない、大豆製品を取るなどが有効です。

ポイント3 美骨を作る「食習慣」

食習慣骨に必要な栄養素といえば、一般的によく知られているのが「カルシウム」です。
注意していただきたいのが、インスタント食品や清涼飲料水の取り過ぎです。それらに含まれる「リン」の作用で、骨からカルシウムが溶け出し、骨が弱くなっていきます。
さらに魚類やキノコ類などに多く含まれる「ビタミンD」、肉類・卵・乳製品・大豆製品などに多く含まれる「たんぱく質」、他にも「ビタミンK、ビタミンC、マグネシウム、ミネラル」などをバランス良く取りましょう。特にたんぱく質は、高齢になるほど意識して取りたい栄養素です。

 

若さを保つ「骨ケア」8つの法則

 

関連記事

  1. 持ち家を活用する資金調達術 どうする?リタイア後の生活資金
  2. 自分を輝かせる生き方 年を重ね経験を積んだ今だからこそできる自分を輝かせる生き方④
  3. 健康寿命をのばすウォーキングの法則!
  4. 糖尿病1000万人時代 知っておきたい糖尿病の新常識
  5. 自分を輝かせる生き方 年を重ね経験を積んだ今だからこそできる自分を輝かせる生き方③
  6. 防災脳で「もしも」に備える命を守る食と住まい
  7. 1年の締めくくりに実践したいモノと心の整理術
  8. 年金暮らしの知恵 あなたの老後マネーは大丈夫?年金暮らしの知恵
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 元関脇・琴錦の朝日山親方
  2. ゴールデンライフ10月号
  3. 心と心をつなぐおやつ
PAGE TOP