健康・お金・生活

歯周病の治療なくして健康長寿はありえない

最近、テレビなどでよく耳にする「歯周病」。
名前は知っていても、その怖さについて正しく理解している人は、案外少ないのではないでしょうか。歯周病は、単に歯が抜けるだけの病気ではありません。
お口の中だけにとどまらない怖さがあったのです。

「歯周病」は歯を失う原因の第1位「歯周病」とは、単に歯茎が腫(は)れたり出血するだけではなく、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)まで溶かしてしまい、やがては歯が抜けてしまう病気です。実は、成人の歯を失う原因の第1位は虫歯ではなく、この歯周病です。若い頃は歯が丈夫で虫歯なんてなかったのに、中高年になったらいきなり歯が動いてきて、慌てて歯医者さんに行ったら歯周病だった、という方も多いのではないでしょうか。
 歯周病は、長い時間をかけて悪化する慢性の病気です。気付くのが高齢の方に多いだけで、実は30代でも知らぬ間に歯周病が始まっている人が大勢います。これは自覚症状がないまま静かに進行しているということで、歯がグラグラ動いてきて慌てて歯医者に行ったがもう手遅れ、歯を抜かなければならない、というのが歯周病の1番怖いところです。病気はなんでも早期発見が大切です。それでは歯周病の初期症状には、どのようなものがあるのでしょうか。

さまざまな歯周病のサイン

❶歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血

 歯周病の典型的な症状が歯茎(歯肉)からの出血です。歯磨きで歯ブラシに血が付いた、硬いものを噛んだら食べ物に血が付いた、または歯茎から出血していたら要注意です。歯肉には多くの毛細血管が通っているため、歯周病菌に侵されて炎症を起こした部分に歯磨きなどで強い力が加わると、炎症部分から出血してしまうのです。健康な歯肉であれば、通常の歯磨きなどで出血することはまずありませんから、歯茎から出血するときは歯周病を疑った方がよいでしょう。出血があったら1日も早く歯科医を受診しましょう。

❷口臭がするようになった

 口臭があるからといって歯周病とは限りませんが、ある日突然、口臭がきつくなったようなときは要注意です。歯周病、または他の病気の可能性があります。歯周病で起こる臭いは、歯周病菌(細菌)の繁殖が原因で、かなり強烈な臭いがするのが大きな特徴です。
 ただし口臭に限らず、臭いは自分では気付きにくく他人も指摘しづらいものです。気付かないまま歯周病が進行していることもありますから、歯科医での定期検診を忘れずに受けましょう。
 歯周病が原因の口臭は、歯磨きや洗口液(マウスウオッシュ)、ガムなどで一時的に臭いをなくすことはできますが、それは対処法でしかありませんので、歯周病を治療しない限り根本的な解決にはなりません。

❸口の中がネバネバする

 歯周病菌が唾液の中に多く含まれている場合、口の中が「ネバネバ」します。特に朝の起床時に口の中がネバネバしたり、なんとなく気持ち悪い場合は、歯周病の可能性があります。

❹硬い物を噛むと痛い

 歯周病になると歯を支えている周辺組織(歯周組織)が侵されるので、おせんべいやりんごなどの硬い物を噛むと、歯周組織が歯を支えきれず、痛みが生じるときがあります。

❺歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)

 歯周病になると歯周組織が侵されるので、歯肉が後退して歯が長くなったり、昔よりも出っ歯になった気がすることがあります。歯茎を毎日鏡で見る人は少ないと思いますが、歯周病を疑うような症状があったときは1度、自分の歯茎(歯肉)を鏡で見てみましょう。昔に比べて歯が長く、出っ歯になったような気はしませんか?

❻歯と歯の隙間が大きくなる

 歯周病になると歯周組織が侵されるので、歯と歯の隙間が大きくなり、食べ物が挟まりやすくなる、歯並びが悪くなる、歯が浮いた感じがする、噛み合わせが悪くなることなどがあります。

❼歯茎(歯肉)がむずがゆい

 歯周病になると、常に歯茎がむずがゆかったり痛みが生じたりすることがあります。

❽糖尿病にかかっている

 糖尿病は合併症が怖い病気ですが、糖尿病の方の多くは歯周病にもなっている、というデータがあります。糖尿病の方は、歯周病も疑った方がよいでしょう。

全身に病気を引き起こす歯周病菌

 前述のような自覚症状がなくても、知らない間に歯周病が進行して、歯周ポケットが深くなっていることも珍しくありません。重症化を未然に防ぐためにも、定期的な歯周病検査はとても大切です。
 さらに歯周病では、血管を通して全身に回った歯周病菌が、糖尿病を悪化させたり心臓病の原因になったり、妊婦の場合は低体重児や早産の原因になることもわかっています。さらに近年の研究ではこれ以外にも、全身疾患を引き起こしている実態が明らかとなってきています。
また要介護の高齢者の場合、死亡原因の第1位である肺炎の原因にもなります。
「歯周病を治さない限り、健康長寿はありえない」といっても過言ではないほど、歯周病は怖い病気です。末永い健康のためにも、家族で歯科医を定期的に受診するようにしたいものです。
 

柏原毅さん柏原 毅(かしわばらたけし)
医療法人社団高輪会 診療部門統括院長
公益社団法人日本口腔インプラント学会 専門医 代議員
医療法人社団高輪会(いりょうほうじんしゃだんたかなわかい)故深井眞樹(歯学博士)により昭和54年に日本歯科医療教育発祥の地、東京都港区は高輪に第一号の診療所を開院、昭和62年7月に医療法人社団高輪会設立。平成5年訪問部門を立ち上げ、日本で初めて組織的に歯科訪問診療を開始。訪問歯科診療のパイオニアとして、日々変化し続ける歯科医療現場において、最新の技術・知識を持てるよう教育に力を入れ、北海道から九州まで診療所を展開。
理事長 相浦洲吉

 

関連記事

  1. サクセスフル・エイジングへの道 成功加齢のためのQ&A⑩サクセスフル・エイジングへの道…
  2. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【62】
  3. 飲み込む力は正しい姿勢から お口は健康の入口飲み込む力は 正しい姿勢から
  4. 2025年問題を考える 超高齢化社会の到来2025年問題を考える
  5. 転ばぬ先の杖で介護予防 福祉用具で生活が安全快適に
  6. お口の体操でオーラル・フレイルを防ぐ 健康長寿のカギは「フレイル…
  7. 早期発見、早期対応が明暗を分ける要介護を招く3つの原因
  8. 相続対策に重要な3つのキーワードとは こちら西新宿 税理士よろず相談奮闘記【77】相続対策に重要な3つ…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 都内の名処
  2. ゴールデンライフ vol.105
  3. デリッシュキッチン
PAGE TOP