コラム

芝田千絵のアートライフ vol.2

美しい花には棘があると有名なことわざがありますが、海の世界も同様に鮮やかで美しい魚には毒があります。今回のテーマは、ハナミノカサゴの色と模様。ハナミノカサゴはサンゴ礁に住む魚で、ひらひらと長いヒレをなびかせ、優雅に泳ぐ姿は「海の貴婦人」ともよばれる美しい魚です。猛毒を持ち、赤と白の綺麗な色と模様は相手への警戒色。周囲や天敵に毒を持っていることを警告し、自身の安全を確保しているのです。
 海の中では、赤と白の模様は警告色であっても日本では赤と白は紅白。つまり縁起の良い、おめでたい色。そもそもなぜ紅白は縁起が良いのでしょうか? 赤色が赤ちゃん、白色が死や別れを意味し、その2つの色を組み合わせることにより一生を表している説や、花嫁衣装の色説、古来からお祝いに赤飯を炊くことから赤飯の赤色説…… さまざまありますが、赤は生命力・活力を表し、白は神聖な色。日本の国旗も紅白であるように、その対比に人々は魅了されるのではないでしょうか。
 作品のテーマは、もちろん後者です。同じ色やモチーフでも別の意味もあり、捉え方によって大きく変わります。アートも同様で、知れば知るほど奥が深いのです。

芝田千絵さん芝田千絵 アーティスト/グラフィックデザイナー
1985年東京生まれ。
2010年東京藝術大学を卒業し、12年同大学大学院修士課程を修了。
直線や曲線、幾何学模様と熱帯魚などの組み合わせから非日常の世界を表現。
アクリルガッシュで描き、マットで風合いのある表現が特徴である。
HP: chieshibata.com

 

関連記事

  1. 「幸せな人生」に必要な たった1つの言葉(メ ッセージ)③
  2. 「幸せな人生」に必要な たった1つの言葉(メ ッセージ)②
  3. 【最終回】 モノとこころの整理術 老いへの「ケジメ」
  4. PHOTOスケッチ48
  5. 老後をどう生きるか? 老後をどう生きるか?②
  6. モノとこころの整理術 老いへの「ケジメ」④
  7. 人情で生かされた私の半生【5】
  8. 元新聞記者が会った昭和の偉人たち 「東洋の魔女」の応援団長・淡島…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 元関脇・琴錦の朝日山親方
  2. ゴールデンライフ10月号
  3. 心と心をつなぐおやつ
PAGE TOP