コラム

人情で生かされた私の半生【6】

〝年月は体を老いさせるが前向きに燃えて生きる情熱があれば心は老いない 最後の目を閉じるまで前向きに生きよう〟
古き良き貧しき時代の北国で、感謝の気持ちを胸に懸命に生きた半生を綴ります。
いつの時代も、人は人の温かさのおかげで生きられるのではないでしょうか。

第30章 前途洋々のトーハン会女性部

リビングマガジン社に招待された私たちトーハン会女性部は、社内をいろいろと見学し手厚い歓迎を受けました。北海道に戻ってからは、リビングマガジン社(現:扶桑社)の石田社長のお力添えもあって、我が書店の売り上げは伸びていきました。
 その後も出版社の会合で上京するたびに、会合後トーハンの課長さんなどに誘われ、新宿の飲屋街で石田社長、専務、北海道担当者と楽しくにぎやかにおしゃべりしながら飲んだものです(いくら飲んでも酔って歩けないなんてことのない私。もちろん二日酔いもなし)。
 そんな折、石田社長は本社フジテレビに戻り、新社長がまたフジテレビから赴任されてきました。その方が、全国から書店さんを招いて楽い会を開きたいと話し、びっくりしながらも嬉しく、それはぜひやってくださいよと大賛成。会場はフジテレビということになり、次の上京の時に下見に行きました。予定の会場までは長い長い廊下。そこはいつもテレビで見ている場所で、好奇心たくましい私はウキウキわくわく!この会のために、100店近い書店に案内状が送られたそうです。
 その会の前日、他の出版社の会合のために上京していた私は、突然トーハンの役員に連れられてある会場へと向かいました。そこには社長以下数人が待っていて、壇上には司会として当時フジテレビで有名なアナウンサーが立っていました。そして、書店を代表しての挨拶と、『リビングマガジン社を応援する会』を作りましょうと提案するよう言われ、ようやく連れてこられたことに納得がいきました。
 しかし参加者は、私の挨拶を聞きながらもウロウロ落ち着かない様子で、長いテーブルに並ぶ豪華な料理もそっちのけ。なぜかと思えば、会場に同席している10名ほどの名女優、歌手、アナウンサーの方々に気を取られていたのです。社長たちの挨拶が終わると「サインをください!」と殺到する始末。私は会場の中央にズラリと並べられた最高の料理に夢中で舌鼓を打っていました。
 しばらくして他の会員も料理の方に集まり始めた頃、舞台反対側のゆったりとした階段を、ゆっくりゆっくりと下りてくる和服の美人に気付きました。見ると、誰もが食べる手を休めています……。わあ!森光子さんです!
※次号に続きます。

下斗米 ミチさん下斗米(しもとまい) ミチ
1923年9月24日 北朝鮮 新義州に生まれる。
1971年4月(株)福村書店 元・代表取締役。
北見市法人会理事、北見市法人会女性部顧問、北海道中小企業家同友会オホーツク支部相談役、北見市社会福祉協議会評議員、オホーツク地域自治研究所副理事長、ふるさと銀河線再生ネットワーク代表、オホーツク ローカル情報誌『HARU』編集長などを歴任した。
著書:北の町に本を届けつづけた女社長のふんばり人生『母さんの風呂敷包み』(扶桑社)

 

関連記事

  1. 芝田千絵のアートライフ Vol.5
  2. 水前寺清子の人生いつからでも花ひらく
  3. 芝田千絵のアートライフ vol.6
  4. 今だからこそわかること、できることがある「老いには夢がある」【5…
  5. 今だからこそわかること、できることがある 老いには夢がある【10…
  6. PHOTOスケッチ47
  7. 「幸せな人生」に必要な たった1つの言葉(メ ッセージ)③
  8. 若若&噛む噛む健康レシピ|長いもと夏野菜の さっぱりサラダ サバ…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 2018年1月号ゴールデンライフ
  2. 若 若 & 噛 む 噛 む
  3. photoスケッチ50
PAGE TOP