健康・お金・生活

「最新米国CCRC視察・研究ツアー」から学ぶ⑦「生涯活躍のまち(日本版CCRC)」と シニアの自立を支えるしくみ

アメリカで普及している高齢者住宅「CCRC」の取り組みが、日本でも始まっています。
「生涯活躍のまち(日本版CCRC)構想」を実現させるためには、シニアの自立を支えるしくみと、ニーズの変化に応じた継続的なケアの確保が重要です。

継続したケア・サービスが重要

 現在、多くの自治体が取り組んでいる「生涯活躍のまち(日本版CCRC)」構想は、東京圏に集中するシニアを地方へ移住させる課題から出発したものですが、基本的な方向性として「健康でアクティブな生活の実現」と「継続したケアの確保」がうたわれています。この点に
おいて米国のCCRCは、シニアのニーズの変化に対応した継続的なケア・サービスの提供に成功しています。そこで今回は、米国の「メソジストビレッジCCRC」を紹介します。
 このCCRCは、「非営利法人アシュベリー」が開発、経営・管理しているCCRCのひとつで、1926年に約16万坪の広大な土地を確保し、90年近くかけて造り上げられてきました。
全米で12番目に大きなCCRCといわれており、827室の自立型住まい、133室の支援型住まい、257室の介護型住まいから成り、およそ1400人のシニアが暮らしています。そして自立型から支援型、介護型までと継続したケアを提供しています。 
 自立型住まいには2種類があり、アパート形式の集合住宅が710室、一戸建てホーム連棟式住宅のヴィラが117室あります。自立型住まいの入居費用で1番安いもの(居室面積40㎡)は、入居一時金800万円(90%は返還)、月々の利用料金は約16万円です。
 アシュベリーは経営主体が宗教法人のため、高所得の人の負担を大きくすることで、低所得者も入居できるようなしくみをとっています。
アシュベリーは「私たちがサービスを提供する方々へ最高の暮らし方を提供するために、あらゆるサービスを行う」という基本理念に基づき、「入居者・職員・ボランティアに対する貢献」「財務の強さ」「品質とイノベーション」「真摯さ」の4つを大切な価値観として運営している、と言っています。

自立を支えるさまざまなサービスが充実

69_seikatu05-01
メソジストビレッジCCRCは認知症ケアやリハビリテーション治療のサービスも充実しています。認知症ケアプログラムのひとつに「ポートレイト療法」(回想療法のひとつ)があり、入居者の歩んできた人生、思い出の写真などが居室の入口に貼ってありました。これは入居者の人生を振り返ることにより、認知症予防に役立てるとともに、入居者とスタッフのコミュニケーションツールとしても役立っているそうです。
 また「生涯学習」にも力を入れており、歴史、自然科学、芸術、音楽等のコースがあり、ジョンズ・ホプキンス大学による生涯学習研究所でのコースを受講することもできます。
 ほかにもさまざまな自立を支えるサービスがあり、例えば、 食事サービス、運動プログラムのためのプール、屋内の歩行運動用通路、プール・フィットネスセンター、 テニスコート、映画館および劇場、コンビニエンス・ストアおよびカフェ、キャンパス・テレビ、プロダクション・スタジオ、 リソース・ライブラリ、有線テレビ局、ITトレーニングセンター、キャンパス内外の交通サービス、 在宅医療、外来医療、銀行およびATM、 アートスタジオ、 図書館、ギフトショップ、 美容院、 菜園、セキュリティー・システムなど、多岐にわたっています。
 このように米国CCRCの自立型住まいには、さまざまなアメニティとサービスがありますが、わが国ではいまだその概念が希薄です。日本版CCRC構想を実現していく上では、2千以上ある米国のCCRCをさらに研究していく必要があると思います。

NPO法人高齢者健康コミュニティ理事長 窪田昌行(くぼたまさゆき)NPO法人高齢者健康コミュニティ理事長
窪田昌行(くぼたまさゆき)
  

関連記事

  1. ご入居者の望む生活を実現するために支援のカギは観察力
  2. すこやかな在宅介護のためのショートステイ
  3. 100年生きる人の習慣 健康長寿のヒミツに迫る100年生きる人の習慣
  4. お口は健康の入り口「五」で整える食のケア
  5. 施設のターミナルケアから看取りまで 最期までその人らしく生きるために施設のターミナルケア から看取り…
  6. 介護施設の経営者からみた新制度の誤算
  7. いきいきビクスで ヘルシーエイジング!
  8. 正しい使い方でお口を清潔に 歯垢を効率よく落とす電動歯ブラシ
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 知っておきたい介護保険のキホン
  2. 茨城県鹿島灘エリア
  3. 都内の名処
  4. ゴールデンライフ vol.105
PAGE TOP