健康・お金・生活

口腔ケアにも利用できるアロマオイル

植物から抽出されるアロマオイルの香りに、リラクゼーション効果があることはよく知られていますが、抗菌・抗ウイルス作用があることは、ご存じでしょうか。そして、口腔ケアにも利用できるのです。

抗菌・抗ウイルス作用があるアロマオイル

「アロマテラピー」は、「アロマ(aroma)」と「テラピー(therapy)」を掛け合わせた造語で、 植物の香り成分を利用することでリラクゼーション効果が得られたり、美容や健康維持にも役立つものです。アロマテラピーには、植物から抽出したオイル(精油)を使用します。
今回は、強力な抗菌・抗ウイルス作用によってインフルエンザや風邪のウイルス感染を防ぐことができ、口腔ケアにも利用できるアロマオイル「ティトリー」を紹介します。
このオイルの30~40%を占める主成分「テルピネン4オール」は、強力な抗菌・抗ウイルス作用を持つため、新型ウイルス治療薬への応用も期待されている成分です。
「ティー」という名前からお茶を想像しますが、ティトリーはお茶ではなく、離れた所からでもわかるほど強い香りを放つ樹木です。ティトリーを世界の人々がただの樹木だと思っていたころ、既にオーストラリアの先住民・アボリジニーたちは、この木の葉を利用して感染症の傷を治していました。1927年ごろにヨーロッパに持ち込まれ、殺菌・消毒・免疫力を高める効果があることから、医療品が手に入らないときに使われていました。第二次世界大戦中には、熱帯地方の軍隊工場で傷を手当てするための救急用品として加えられていました。

口臭予防、歯肉炎、口内炎にも効果がある

アロマオイルの安全な使用方法は、吸引や芳香浴が最も一般的です。
「ディフューザー」という器具を用いて、水150㎖に対しアロマオイルを2~3滴入れて使用することで、芳香成分が空気中に拡散され、浮遊するウイルスを殺菌してくれます。
また、うがいに利用することもできます。ティトリー20%希釈オイルを用いれば、舌や唇がしびれることは、ほとんどありません。コップ1杯の水に、1~2滴を入れてうがいするのがお勧めです。口臭予防、歯肉炎、口内炎の症状緩和に効果があります。
口腔ケアでは、希釈1%以下の水溶液を清拭ガーゼに浸して、口腔内の清拭に使用することができます。
このように万能なティトリーですが、香りが強いために苦手な方も多いようです。その場合は、ほかのオイルとブレンドして芳香浴することをお勧めします。
お勧めブレンドを紹介しましょう。
●花粉症予防/レモン2:ティトリー3 または スイートオレンジ2:ティトリー3
●リラクゼーション効果/ラベンダー2:ティトリー2等
なお、テルピネン4オール成分を含むほかのアロマオイルとしては、「ローズマリー」や「スイートマジョラム」などがあります。
ティトリーをこのオイルに変更してブレンドしても良いでしょう。

【 ティトリーの薬理作用 】
❶炎症を抑える
体内に細菌やウイルスなどの異物が入ってくると、免疫系が反応し、白血球のひとつである「単球(マクロファージ)」が活性化します。この時、単球は炎症物質である「サイトカイン」を放出しますが、ティトリーにはこのサイトカインの放出を抑制して、炎症を抑える働きがあります。さらに白血球を活性化し、抗菌作用をアップさせる働きもあります。抗真菌・抗ウイルス作用もあるため、口腔カンジタにも有効といわれています。
❷認知症の症状を改善
神経伝達物質である「アセチルコリン」を分解する酵素「アセチルコリンエステラーゼ」の働きを阻害する作用があり、脳内のアセチルコリンの濃度を高めることで、脳の前頭葉機能を中心に、認知機能の悪化を抑制、改善を促します。リラクゼーション効果として副交感神経機能を高め、認知症のBPSD(行動・心理症状)を改善する可能性も示唆されています。

大塚博子大塚博子(おおつかひろこ)
医療法人社団高輪会歯科訪問診療研究所
歯科衛生士 認知症予防専門士 AEAJ認定
アロマセラピスト
医療法人社団高輪会(いりょうほうじんしゃだんたかなわかい)故深井眞樹(歯学博士)により昭和54年に日本歯科医療教育発祥の地、東京都港区は高輪に第一号の診療所を開院、昭和62年7月に医療法人社団高輪会設立。平成5年訪問部門を立ち上げ、日本で初めて組織的に歯科訪問診療を開始。訪問歯科診療のパイオニアとして、日々変化し続ける歯科医療現場において、最新の技術・知識を持てるよう教育に力を入れ、北海道から九州まで診療所を展開。 理事長 相浦洲吉

関連記事

  1. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【65】自宅を売った…
  2. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  3. 口の衰えは要介護への危険信号 健康長寿のカギは「フレイル」予防⑩…
  4. 健康長寿のカギは「フレイル」予防⑥
  5. 早期発見、早期対応が明暗を分ける要介護を招く3つの原因
  6. いきいきビクスでヘルシーエイジング ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  7. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  8. 人手不足の介護業界、できることはあるのか?ご入居者の安心な 暮ら…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 若 若 & 噛 む 噛 む
  2. photoスケッチ50
  3. 老人ホームへの入居相談
PAGE TOP