健康・お金・生活

100歳まで体が自由に動く-自分で治せる!腰痛解消メニュー【9】

どんな名医も、患者さんの生活習慣だけは改善できません。
できるのはこの世でただ一人、自分だけです。
今日からは「運動不足」ではなく、「運動習慣」を身につけましょう!

便利な生活が体を老けさせる元凶!?

「運動は体に良い」というのはもはや常識で、誰もが理解しているでしょう。ですから、医師である私があらためて「運動にはたくさんの効用がありますよ」と言うと、「なるほど」と感心はしてくれますが、「よし、運動を始めよう」というモチベーションにはなかなかなりません。それは億劫(おっくう)だからです。私の患者さんからも「年々、体を動かすのが億劫になる」という弱音が聞かれます。そこで今回は「体を動かさない危険」についてお話ししたいと思います。
 長い期間安静にしていると、体の活動能力が徐々に低くなっていくことはご存知かと思います。もともとは宇宙飛行士の体に起きた変化で、宇宙ステーションの滞在が長期にわたるほど筋肉が委縮したり、骨粗しょう症が進んだりすることが問題になっていました。
 筋肉量や骨量が十分にある人であれば、減ってもさほど支障はないでしょう。しかし、少ない人の場合は大変です。高齢者が寝たきりになった場合、わずか2週間で筋肉の20%が委縮するといわれています。関節の動きも悪くなって、体が自由に動かせないことで、ますます体を動かさなくなる、という悪循環に陥ります。
その影響は全身に波及し、循環器系、呼吸器系、神経系までが徐々に衰えていきます。
 文明が進んだ現代社会では、体をほとんど動かさなくても不自由なく生活できてしまいます。
車のおかげで歩かなくてすむ、狩りや漁をしなくても食事ができる、掃除も洗濯も機械がほとんどやってくれる……。老化を加速させる運動不足の原因は、私たちが当たり前に享受している「便利な生活」にもあるのです。

腰痛予防だけじゃない!運動8つの効用

便利な生活が体を老けさせるとわかっても、もはや昔の暮らしに戻ることはできません。だからこそ意識して体を動かす必要があります。
 ここから挙げる8つ以外にも運動の効用は数々あります。皆さんにはどんな変化が現れるでしょうか? さあ、今日から運動を始めましょう!

【運動8つの効用】
 ❶体内で余った糖分が消費されやすくなる
 ❷全身の血管がしなやかに、丈夫になる
 ❸血液量が増え、血流が強くなる
 ❹心肺機能がアップし、肺が強くなる
 ❺糖尿病を予防、改善に導く
 ❻血圧を速やかに下げる
 ❼貧血を改善する
 ❽ストレス解消につながる

腰痛解消メニュー

68_kennko03周東 寛(しゅうとうひろし)
南越谷健身会クリニック院長、医学博士。
2003年に南越谷健身会クリニックを開業し、予防医学に尽力。著書に『健康に長生きしたければ1日1曲歌いなさい』『ヘモグロビンA1cを下げて糖尿病を治すカンタン療法』など多数。
南越谷健身会クリニック: http://www.medical-kenshinkai.com/

 

関連記事

  1. いきいきビクスで ヘルシーエイジング!
  2. サクセスフル・エイジングへの道 成功加齢のためのQ&A⑦サクセスフル・ エイジングへの道
  3. 心の不調や軽い認知症がフレイルを引き起こす?!健康長寿のカギはフ…
  4. 終活 ライフエンディングを考える【26】
  5. 健康長寿のカギは「フレイル」予防⑤
  6. 介護付有料老人ホームでの 「医療行為」
  7. 健康長寿のカギは「フレイル」予防②
  8. 「健康食品」との上手な付き合い方-自立して生きるための3つの魔法…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 健康レシピ
  2. 心と心をつなぐおやつ
  3. 野球をオリンピックに呼び込んだ男
PAGE TOP