健康・お金・生活

趣味が老後の時間を充実させる

「自分には趣味や好きなことがない」という方は案外多いものです。しかし趣味があれば、時間を有意義に過ごすことができます。それでは、どんな趣味が良いのでしょうか?

時間つぶしにトイレへ

 行事・レクリエーションを推進する委員会に属している私は、日ごろからご入居者の笑顔や表情が気になります。以前、入居されて間もない方で歩行が弱々しかったこともあり「トイレに行くときは声をかけてください」とお願いしていた方がいらっしゃいました。しかし口数が少ないその方は、黙って一人でトイレに向かうことがよくありました。もちろんすぐにお手伝いしますが、排尿量はいつも少なく、きっと「頻尿」のせいだろうと思っていました。
 ある日、トイレ終了後に「スッキリしましたか?」と声をかけてみると、「いいや。暇だから(トイレに)来てんだ」というお返事。私はそのことに愕然(がくぜん)として、気づけなかった自分の無力さを痛感しました。きっと入居なさったばかりで雰囲気に馴染めず、今何をすればいいのか、どこに居れば心地良いのか、といったことに悩んでおられたのだと思います。その後、お話をお聴きする時間を増やすと「本好き」ということがわかり、読書の時間を設けると少しづつ和らぎました。

お金・師・時間がかからないものを

長い日常生活、自分の「好きなもの(趣味や嗜好)」を持つということは大切です。特にそれがなかったり、以前はあったけれど今はない(できなくなった)という方は、案外多いものです。1人暮らしが長かったご利用者のご家族に「何が好きだったか知らない」という話を時折聞きます。
趣味は1人で秘密裏に楽しむよりも、ご家族や友人に「知ってもらう」ことも大切です。肩肘を張らず、簡単なものでいいのです。「編み物」や「テレビで時代劇を観る」といった何気ない趣味や嗜好があるだけで、時間を有意義に過ごすことができます。
 これから趣味を見つけたいという方のために、最近読んだ本の中の言葉を紹介します。定年以降でも続けられる趣味としては「決して背伸びをしない、自分の性分にあったもの」で、基本原則として
 ①お金があまりかからない 
 ②師を必要としない 
 ③1回に何時間もかけない ものが良いそうです。
 私事ですが、昨年一発奮起してクロスバイクを購入し、休日は近くの温泉巡りを楽しんでいます。これからもご入居者のお気持ちを察し、求めていることに応えられるよう尽力してまいります。

田中信至田中信至(たなかのぶゆき)
株式会社東日本福祉経営サービス
介護付有料老人ホームハートフルケア亀田向陽介護福祉士

関連記事

  1. ロコモティブシンドローム 要介護リスクが高まるロコモティブ シンドローム
  2. 在宅介護の不安をサポートする福祉用具専門相談員
  3. いきいきビクスで ヘルシーエイジング!
  4. 100歳まで体が自由に動く 自分で治せる!腰痛解消メニュー【10…
  5. ライフエンディングを考える㉗ 葬儀トラブルはなぜ起こる?
  6. 体への負担が少ない自然農法で野菜作りにチャレンジ!②サツマイモ編…
  7. 歯周病の治療なくして健康長寿はありえない
  8. サービス付き高齢者向け住宅で入居者と共に サービス付き高齢者向け住宅でご入居者と共に
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 元関脇・琴錦の朝日山親方
  2. ゴールデンライフ10月号
  3. 心と心をつなぐおやつ
PAGE TOP