特集

見逃すと命にかかわる!脱水による夏血栓にご注意!

夏血栓にご注意

 これからの夏場は脱水によって血液中の水分が不足し、血栓(けっせん)ができやすい季節です。めまいや頭痛、冷や汗、だるさなどは熱中症と間違えられやすいのですが、実は血栓による脳梗塞(のうこうそく)の前ぶれかもしれません。脳梗塞は治療が遅れると重い後遺症が残りますから注意が必要です。
 私たちの体は半分以上が水分(体液)でできています。しかし加齢とともに体の水分量は減り、赤ちゃんのころは体の約80%もあった水分量が、成人では約60%、65歳以上になると約50%にまで低下するといわれています。特に「若いころより食事量が減った」「夏場で食欲が落ちた」という人は、食事から摂取する水分も低下
しているため気を付けましょう。

●教えていただいた先生
谷口英喜(たにぐちひでき)先生
済生会横浜市東部病院 患者支援センター長/栄養部部長 日本麻酔学会指導医、日本集中治療医学会専門医、日本救急医学会専門医、TNT-Dメディカルアドバイザー。著書に『熱中症、脱水症に役立つ 経口補水療法ハンドブック 改訂版』『イラストでやさしく解説!「脱水症」と「経口補水液」のすべてがわかる本』など。ブログで『谷口ゼミ通信』を発信中。

熱中症に似ている「夏血栓」その予防法は?

脱水を侮(あなど)ると命にかかわる危険な病気になることも。脱水の予防・対処法について知っておきましょう。

脳梗塞を引き起こす恐れがある脱水

 脱水が原因で起こる病気は多く、特に体液が多い脳、消化器、筋肉に異変が出やすくなります。
 脳の場合、集中力や記憶力の低下のほか、睡眠リズムが狂うことも。ひどくなると、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気、けいれんが起こったり、意識がなくなったりすることもあります。脱水による症状で最もひどいものは、脳梗塞(のうこうそく)です。体液不足によって血液がドロドロになり、血栓ができて脳の血管が閉塞(へいそく)することが発症の大きな原因です。次に多いのが消化器で、食欲低下から始まり、下痢や便秘、ひどいときには吐き気や吸収不良を起こしたりします。いつもよりだるいなと感じたら、それは脱水のサインかもしれません。脱水では体全体の免疫力が落ちるため、ウイルスや細菌にも感染しやすくなります。筋肉の異変に関しては、足がつったり力が入らなかったり、ひどくなると筋肉痛のような痛みを伴うこともあります。また、脱水症になると痛みの感じ方が敏感になるため、もともと関節やひざが痛かった人は、さらに痛みが増すということもあります。

「経口補水液」も夏血栓予防の一助となる可能性

 血栓予防には、食生活の改善や、動脈硬化・糖尿病などの病気治療が最優先です。ただ、脱水もその一因になるので、夏場は経口補水液も予防手段の1つとして、その活用法を知っておくと良いでしょう。
 脱水になったときは水分補給が大事ですが、水分を取り過ぎると体の中の電解質が薄まって意識がもうろうとしたり、けいれんや不整脈が起きたりすることもあります。重要なのは「水と電解質を一緒に取る」ことです。それには水と電解質をバランス良く含み、速やかに体内に吸収できる「経口補水液」がおすすめです。経口補水液はドラッグストアなどで販売されているため、日頃からすぐに飲めるように常備しておくと良いでしょう。
 また、脱水症状が進むと水分が飲めなくなってしまうので、飲む力があるうちに水分補給することが大切です。ただし、体液の量はある程度決まっているため、一定量を超えると尿として排出されます。500㎖ほど飲んで満たされたら、あとは少しずつ補うように飲んでください。最近はゼリータイプも出ているので、水ではお腹がいっぱいになってしまう方や、トイレが心配で水分補給を控えたい方にはこちらがおすすめです。
 水分補給以外で脱水を防ぐ方法としては、よく食べることです。夏場は水分を多く含む夏野菜を中心に食べると、ミネラル補給になります。私たちの体は寝ている間にも水分が失われ、朝は脱水状態になっています。そのため朝食で、水と電解質を取ることが大切です。日中は時間を決めてこまめに水分補給し、就寝前もコップ1杯の水を飲みましょう。
「自分は脱水や熱中症にはかからない」と思っている方が大半かもしれませんが、脱水はいつでも誰でもどこででもかかる症状で、「本人が気付いていないだけ」というケースがほとんどです。たとえ元気な60代でも、体内の水分量が若いころと同じという人はいません。脱水を意識することは、夏血栓が原因で起こる病気予防にもつながります。ぜひ参考にして、夏を元気に過ごしましょう。

気付いていますか?脱水のサイン

脱水状態は自分では気づきにくいもの、あなたは脱水症の前段階、「かくれ脱水」になっていませんか?次の3ステップの設問で、脱水症の危険性をチェックしてみましょう。


 

関連記事

  1. 自分を輝かせる生き方 年を重ね経験を積んだ今だからこそできる自分を輝かせる生き方⑤
  2. 健康寿命をのばすウォーキングの法則!
  3. 自分を輝かせる生き方 年を重ね経験を積んだ今だからこそできる自分を輝かせる生き方
  4. 知っておきたい!がんの基礎知識 2人に1人はがんになる時代 知っておきたいがんの基礎知識
  5. いざというときに慌てない!知っておきたい 介護保険制度のキホン
  6. 食の常識を変える!ユニバーサルデザインフード
  7. 筋肉量が健康のカギ!健康寿命を延ばす筋肉トレーニング
  8. 新しいコミュニケーションの形SNS 人生100年時代を迎える新しいコミュニケーションの形「SNS」
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 静岡県伊豆市修善寺
  2. デリッシュキッチン
  3. ゴールデンライフ10月号
  4. 風見しんごさん
PAGE TOP