コラム

精神科医が教える「がんばらない老後」のすすめ ①

がんばらない老後

日本人の平均寿命はぐんと伸びました。「定年」や「子の独立」は人生第二のスタート地点。
のんびり手を抜いて、自分自身のために気楽に生きはじめましょう!少し適当でストレスのない「第二の人生」の楽しみ方を精神科医が伝授します。

できなくなるのは「する必要がなくなった」から

 年齢を重ねると、若い頃にできていたことができなくなるのは事実です。高校生の頃なら50メートルを7秒台で走れた人でも、80歳でそのタイムがキープできる人はいません。また、若い頃なら回転寿司を一気に30皿食べられた人も、60歳を超えたらそんな無茶な食べ方はできなくなるはずです。
 しかし、それを憂(うれ)える必要がどこにあるでしょうか。どこにもありませんね。年齢を重ねて何かができなくなるのは、考え方を変えれば、「する必要がなくなる」からです。
 何もスポーツ選手のように走れなくても、信号が変わる前に横断歩道を渡り切れれば問題ありません。また、あわててトイレに駆け込む必要がないように、行きたくなる前に用を足しておけばいいのです。
 さらに早食いや食べ過ぎは、シニアに限らず体に毒です。少量をゆっくりと時間をかけて食べることは、かえって体にいいはずです。
 しかし残念なことに、「できなくなった」という事実だけに目を向けて、自分自身が嫌いになってしまう人がいます。自分自身が嫌いな人は、自分を大切にしません。そして、自分を大切にしない人が他人に対して優しくできるわけはありませんから、だんだん周囲の人からも嫌われるようになるのです。周囲に疎(うと)まれればそんな自分がますます嫌いになるという負の連鎖に巻き込まれ、苦しみから抜け出られなくなります。それでは生きていても楽しいことはありませんね。
 その逆で、自分自身が好きな人は毎日が楽しく輝いています。自分が好きだから自分を大切にし、他人にも親切にする余裕が生まれます。
 親切にしてもらった人はその人のことを好きになりますから、幸せの連鎖がいつまでも続くのです。

近所の助けを「大丈夫ですから」と断らない

 活動方法や内容は異なりますが、多くの地域ではシニア同士の親睦(しんぼく)や交流を図るために、さまざまなイベントがあります。また、民生委員が自宅を訪問して生活相談を受けるなどの活動も行われています。
 しかし、「うちは大丈夫ですから、けっこうです」と、いっさいの支援を拒否するシニアも少なくありません。そうした人の心のなかには、「できる限り人様に迷惑をかけたくない」という謙虚な気持ちもありますし、「人の施(ほどこ)しを受けなければならないほど、自分は老いぼれていない」といった自尊心もあるのでしょう。
 しかし、人間は年をとります。確実に体力が衰えていきます。厳しい言い方かもしれませんが、今日できたことが、明日も同じようにできるとは限らないのがシニアの現実。人の力を借りずに自力でがんばりたいという気持ちは大変立派ですし、持ち続けたいものだと思います。でも、人は決して独りでは生きられません。他人を助けたり、助けられたりしながら生きているのです。
 ですから民生委員に限らず、近所の人の助けを「大丈夫ですから」と断らないでください。もし、現在は助けが必要でないのなら、「今は大丈夫ですけれど、困ったときはよろしくお願いします」
 と話せばいいのです。こう言っておけば、どちらに転がっても問題ありません。
 しかし、「けっこうです」と最初に突っぱねてしまうと、本当に困ったときでも、「あんなふうに断わった手前、今さら助けてほしいとは言えないし」などといった、変なプライドが頭をもたげ、自分自身を縛りつけてしまうでしょう。そんなことにならないような、大人の対応が大切です。

保坂 隆(ほさかたかし)
保坂サイコオンコロジー・クリニック院長。聖路加国際病院・診療教育アドバイザー。1952年、山梨県生まれ。
慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科入局。1990年より2年間、米国カリフォルニア大学へ留学。東海大学医学部教授、聖路加
看護大学臨床教授、聖路加国際病院精神腫瘍科部長、リエゾンセンター長などを経て、保坂サイコオンコロジー・クリニックを開業。

書籍紹介
精神科医が教える「がんばらない老後」のすすめ
著者:保坂隆 発行:廣済堂出版 価格:1,100円+税
仕事や子育てを一生懸命がんばってきた方々へ。老後はあまりがんばらず、少し気ままにのんびり手を抜いて、楽しく生きよう!
ストレスのない「第二の人生」のすごし方。人間関係、お金、物、家事などをちょっぴり適当に。無理せず快適に暮らすおすすめ生活スタイルや、適度な力の抜き方を紹介。

 

関連記事

  1. 野球をオリンピックに呼び込んだ男 オリンピックに野球を呼び込んだ男~アイク生原の生涯③
  2. 若若&噛む噛む健康レシピ|ピーマンのトマト詰めチーズ焼き ゴーヤ…
  3. 若若&噛む噛む健康レシピ|すりおろしきゅうりの 卵焼き 煮かぼち…
  4. 若若&噛む噛む健康レシピ|蕗の葉の佃煮風 蕗の煮つけ まるごと卵…
  5. 心豊かに 暮らす習慣 日本最高齢・97歳現役ピアニストの心豊かに暮らす習慣
  6. 人情で生かされた私の半生【2】
  7. PHOTOスケッチ48
  8. すこやかな心で介護トラブルを防ぐためのお悩み相談室 Vol.70…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 輝く人 石井めぐみさん
  2. デリッシュキッチン
  3. ゴールデンライフ2019年4月創刊103号
  4. 社会に互助の輪を広げる弁護士の仕事
PAGE TOP