健康・お金・生活

ケアが必要になっても幸せに暮らしてほしい 人生の大先輩に思う介護の仕事とは?

人生の大先輩に思う介護の仕事とは?

曾祖母と祖父の思い出

 1901年生まれの曽祖母がまだ健在だったころ、小学校から帰ると私はいつも「おばあちゃん遊ぼう」「昔話を教えて」と、家事をしている曾祖母にべったりくっついていました。 
 当時、父母は仕事で不在がちでしたし、祖父母は仕事や農業を営む毎日でした。
 曽祖母には折り紙やあやとりを教えてもらったり、昔話では「だいだらぼっち」「おとか(きつね)に化かされる話」「むじな(たぬき)の話」「人魂(ひとだま)の話」をよく聞かされた記憶があります。特に印象が強かったのは、関東大震災で被災した話です。「湯殿にあった風呂桶が転がって家の外まで出てしまい、地面には亀裂が入り、とても怖かった、地震は怖いんだよ」と、念仏を唱えるようにたびたび話してくれました。
 祖父は元海軍所属で、菊水作戦に参加していたようです。いろいろな勲章を見せてもらいましたが、戦後は水稲農業や畑仕事で暮らしていました。祖父は達筆な文字で日記をつけること、早寝・早起きが毎日の習慣で、礼儀礼節や人情などを大切にする人でした。思い返せば、いまの私たちが必要としている「道徳心」に満ちた人だったように思います。

祖母が認知症、介護の世界へ

 いまから約10年前、祖母が認知症になりました。自分の部屋さえわからなくなり、「朝食を食べていない」「お金を盗られた」などと言うようになりました。徘徊やひとりごとが多くなり、家族一丸となって在宅介護をしていたものの、とうとう限界に達し、公的介護サービスを利用することになりました。そのためには介護認定を受ける必要があります。まずは地域包括支援センターへ申請したあと、認定調査員の自宅訪問などの手続きを経て、祖母は介護認定を受けました。そのあとは介護支援専門員や相談員、介護士の方々が祖母のケアに丁寧に対応してくださるようになり、私たち家族も助けられました。その様子を見ているうちに、私はある決意に至りました。
「お年寄りには介護が必要になったとしても幸せに暮らしてほしい。そのために自分にできることがなにかあるはず」そう思った私は、営業マンから介護の世界へと飛び込んでいました。最初は戸惑いの連続で、挫折するのではないかと不安になったりもしました。しかし、そのたびに先輩職員から温かい声を掛けてもらったり、ご利用者から温かい言葉をいただいたりして前向きになることができました。いまでも忘れられないご利用者からの言葉があります。
「あなたね、若さを大切にしなさい。人生はあっという間よ」
 1日1日を悔いのないように働き、人生の糧にしなければ何も残らない。この言葉でそう気持ちを改め、ケアに励みました。
 ある日、認知症で不安になっていたご利用者の対応で悩んでいた私は、どうしたらその不安を解消して差し上げられるのか調べてみることにしました。その際「タッチケア」を知りました。
 タッチケアとは、1992年にアメリカで確立されたといわれており、元々は赤ちゃんと親のきずなを深めるためのものですが、介護でも応用されています。肌にふれる、なでる、マッサージをすることなどで、ストレスホルモンが減少するそうです。
 そこで、まずはご利用者に寄り添い、失礼のないように軽く手を触れてゆっくり話し掛けてみることにしました。すると、先ほどまで不穏だった表情がやわらかくなり、笑顔を見せてくださいました。それまで「声掛け」や「見守り」に徹していたことが間違っていた訳ではありませんが、ちょっとした気づかいで効果を表し、ケアは奥深いものだと感銘を受けました。

人生の先輩方への感謝とともに

 曾祖母が眺めて過ごした田園風景はいまも健在で、冬の澄みきった空を見上げて、ふと思うことがあります。たくさん遊んでくれて私を大切に育ててくれた曾祖母や、田畑で腕の筋肉をもりもりと動かしながら働いていた祖父の思い出は、私の貴重な財産です。あれもこれも、核家族では得られなかった経験ばかりです。大家族で育った私だからこそ、できることがあるはず、と自負しております。
 3月より私は、サービス付き高齢者向け住宅「ル・レーヴ新白岡」の管理者として着任します。曾祖母を含めた人生の先輩方への感謝の思いをもって、スタッフ一丸となり、新たなスタートを切りたいと決意しております。

松本 直樹さん松本 直樹(まつもとなおき)
(株)東日本福祉経営サービス
サービス付き高齢者向け住宅 ル・レーヴ新白岡
管理者候補

 

関連記事

  1. 介護付有料老人ホームでの 「医療行為」
  2. 負担割合の引き上げ 必要な介護サービスが受けられなくなる?!負担割合の引き上げ
  3. 100歳まで体が自由に動く 自分で治せる!腰痛解消メニュー【11…
  4. 制度の見直しで助成が受けられなくなる!?介護保険を利用した住宅リ…
  5. お口のお手入れが脳の健康を守る歯周病の予防・治療と認知症
  6. がんは生活習慣病 高齢化で増えているがんは 生活習慣病?!
  7. 毎日の食事が楽しくなる 食べこぼしを防ぐ工夫
  8. かみ合わせの悪さが寝たきりを招く かむ力は生きる力
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 芝田千絵のアートライフVol.12
  2. 山梨県富士河口湖町
  3. ゴールデンライフ2019年5月創刊104号
PAGE TOP